3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

期待される3Dプリンターの新素材による創造#1

期待される3Dプリンターの新素材による創造#1

あらゆる素材

 

3Dプリンターの素材は年々進化し、活躍の場も広がっています。

世界の地上にあるあらゆる素材、泥から木々、金属に食材、樹脂に陶磁器など、利用されてきている素材は多種多用様々です。
このことにより、医学では人工骨以外にも人工細胞までが実際につくられ、手術シミュレーションの樹脂内蔵だけでなく本当の人工内蔵の研究も進んでいます。

まだまだ実用的に広くは利用されていない日本のノーベルプライズをうけたIPS細胞より先に、
3Dプリンターによる人工細胞が、世界では早く実用化される可能性もあります。
では現在どのような素材が3Dプリンターに利用され始めているのでしょうか。

 

様々な樹脂
食品として、3Dプリンターでできるものとしては、ピザやハンバーガ、チョコレートに砂糖菓子など、
立体的で3Dデザインでしか製作不可能な手の込んだ造形のお菓子やくだものなどが作ることができます。

ガラス
砂と太陽光を材料にしてガラス製品を製作できます。砂と太陽光を素材にして3Dプリンターで作られたガラスでアート作品を作ったデザイナーもいます。
銅や鉄まで
グラフェン
グラフェンは炭素原子からなるナノ素材で、薄い、軽い、固い、曲げられる、電気と熱どちらも伝わる素材になります。
その軽さは、花びらほどです。世界中でグラフェンを使用した研究開発は熱を高めています。
レーザーや蓄電池、タッチパネルなど様々な装置を実現できる中核材料になるのではないかと言われています。

高性能樹脂
アメリカの化学大手デュポンとの共同の努力を通じて、taulman3Dは現在、T-Lyneと呼ばれるエキサイティングな
新しいフィラメントをリリースする準備ができています。
3Dプリントで耐久性のサーリンの特性を組み合わせることで、このフィラメントは、非常に柔軟で、ちょうどよくあらゆる面での3Dプリントに簡単に、
非常に耐久性があります。

 
木材フィラメント
金属粉末
PyroGenesisは、そのプラズマアトマイズ法を通じて特殊金属粉末を製造することにより、添加剤の製造業にダイビングします。
このプロセスは、特に生物医学および航空宇宙アプリケーション向けに、高度な3Dプリントで求められている純粋な球状金属粉末を作成します。

水で洗える樹脂
フルスペクトラムレーザーは水で洗える3Dプリント樹脂を開発。
3Dプリンター、材料メーカーのフルスペクトラムレーザーは、水だけではなく、過酷な化学溶剤を使用して洗い流すことを可能にする新しい樹脂を開始しました。

ビールで作られた3Dプリントフィラメント
3Dプリント会社3DOM米国はビールの廃棄物の副産物から作られたバイオ複合3Dプリント材料をリリースしました。
フィラメントは、PLAを使用するすべての3Dプリンタと互換性があり、完成品に自然な、ビール色のグラデーションです。

 

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top