3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター機種( 4 )

Category
オランダFocus社の、ポータブルマルチマテリアル3Dプリンターの企画開発が進行中

オランダFocus社の、ポータブルマルチマテリアル3Dプリンターの企画開発が進行中

  オランダのFocus社は、感動のポータブルマルチマテリアル3DプリンターをKickstarterに出しました。 日本ではいつ販売されるのか、まちきれません。   FormLabs様式の3Dプリンタから、3Doodler 3Dプリントペンなど、これまでリリースしてきたFocus社は、人気のクラウド...
Da Vinci Jr 1.0

XYZprinting社より、新たにスタイリッシュなダヴィンチJr. 1.0が登場

台湾のXYZprinting社のダヴィンチシリーズに、新たにスタイリッシュなダヴィンチJr. 1.0が登場しました。 その名称は、advance of da vinci junior 1.0で、これまでのダヴィンチ史上、最小、最軽量となっています。 ダヴィンチ Jr. 1.0は軽量設計で、設置場所がより自由にできます。...
アジリスタとその造形品

日本製3Dプリンター、株式会社KEYENCEのアジリスタ

  国産のアジリスタは、株式会社KEYENCEの6月発売の製品、アジリスタなら、簡単データ送信ができます。 LAN 環境下であれば、ネットワークプリンタ同様に複数のパソコンからデータ送信でき、デスクから文書を印刷する感覚で造形できます。 機材・設置工事不要です。これまでの3Dプリンターとは、少し進化した印象の...
ninjabot

日本製3Dプリンター、Ninjabot

  Ninjabotは設計を株式会社アイツーアイ技研が、そして製造・販売を合同会社ニンジャボットが行う静岡の日本企業です。 そして、造形サイズやヘッド数の異なるラインナップとして現在4種類の3Dプリンターが販売されています。 FDM-200 285,000円 FDM-200W 310,000円 FDM-300...
プラカードもカットできる

2台目の3Dプリンターでは金属をつかった3Dプリントをしよう

  樹脂製の3Dプリンターが、特に個人ユーズには主流の世界ですが、カーボンや粘土、金属を混ぜ込んだ新しいあらゆる種類のフィラメントがどんどん開発されています。 そしてそれらを使うあらゆる3Dプリンターが開発され、販売されてきています。 Indiegogoのミニメタルメーカーは1500ドルです。 この3Dプリン...
Value3D Magix series

日本のムトーエンジニアリングの3Dプリンター、Value3D Magix series

  先日行われた東京ビックサイトでも、大型の金属3Dプリンターの持ち込みと実演で、注目だったムトーエンジニアリングの、Value3D Magixシリーズ。 この製品は、イメージをリアルに再現するのが特徴のパーソナル3Dプリンターです。 思い描いたイメージを、3Dデータから高精度に造形する、日本製3Dプリンター...
ボンサイラボ BSTOY

今年年末に販売予定、低温造形3Dプリンター、国産「BS TOY」

  ボンサイラボ株式会社は、日本の東京にある3Dプリンターの会社で、日本で初めて10万円以下の低価格3Dプリンターの販売を実現しました。 2013年11月に設立されたまだ、新しい期待の国産3Dプリンター企業です。 企業HP http://www.bonsailab.asia このボンサイラボが、今年1月にドイ...
Blade-1

日本製3Dプリンター、Blade-1

  株式会社ホットプロシードは、国内3Dプリンタメーカーの草分け的存在です。 同社の3Dプリンター、Blade-1は、株式会社ホットプロシードが造っているRep Rap 3Dプリンターです。 Blade-1の仕様は以下の通りです。 使用フィラメント: ABSまたはPLA ビルドエリア :100mm(W) x ...
3D SYSTEMS CUBE

Amazonで3Dプリンターが49,800円にて販売されています。

  3D SYSTEMS CUBE 3Dプリンター 2ND GEN が、49,800円でアマゾンのオンラインで購入できます。 新学期、学校や家庭で、新しいクリエイションのスタイルを実感してみてください。 仕様は以下の通りです。 最大造形サイズ:140×140×140mm 積層ピッチ:200µ(0.2mm) プ...
SCOOVO

日本製、パーソナル3DプリンターSCOOVO

    2014年3月14日、株式会社オープンキューブより、日本製パーソナル3Dプリンタ「SCOOVO X9」が21万円で発売されました。 日本製の個人用本格仕様ということで、人気を呼んでいます。 2013年は、3Dプリンター関連の施策が具体化され、日本のものづくりをテーマに、開発プロセスや製造プロ...
Return Top