3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

アメリカフランチャイズ、セブンイレブンの韓国店で、3D印刷サービスが開始

アメリカフランチャイズ、セブンイレブンの韓国店で、3D印刷サービスが開始

7イレブン店舗に設置された3Dプリンター

アメリカのフランチャイズシステムの店舗、大人気のセブンイレブンは、日本では16,000以上の店舗を誇り、韓国では7000店舗あります。

フランチャイズはその地域の人が店舗の経営方針とシステムにより店舗を開くシステムで、コンビニのほとんどがそのフランチャイズです。

3Dプリンターはオンラインやヤマダ電気などで6万から現在気楽に購入できる先端技術機器の一つですが、コンビニエンスストアにあれば、
材料や本体に多くのお金をかけないで、だれでも必要な時に足を運んで3Dプリントアウトできることになります。

コンビニエンスストアは日本でも地域やその配置された店舗によって外観や商品内容、システムに微妙な差がありますが、3Dプリントの導入はこの韓国が世界初です。

最近、セブンイレブンの韓国支社は店舗のアップグレードとして、より魅力的なショッピング体験を提供しています。
江南区の巨大セブンイレブンメガ店がその一つです。
ソウルの韓国の首都にある、 2階建てのコンビニエンスストアは、典型的な韓国のセブンイレブンの約4倍の264平方メートルの床面積があります。
豪華新羅ホテルにあり、目的として専門家や外国人観光客を誘致したい、この店舗は、多数の品揃えと、お客様には無料のランチやデザート、
弁当カフェなどもあります。
部屋やマッサージチェア、専用バスルームの予約やダイニングスペースもあるのです。

今回注目しているのが、3Dプリントサービスで、そのストアに3Dプリンターや印刷機器を販売していますが、実際に印刷サービスもあります。
お客様はUSBスティックやSDカードさえ持参すれば、印刷できます。
3Dプリントサービスは韓国のセブンイレブンの数千に広がりを見せる予定です。

3Dプリントサービスを開始した韓国7イレブン


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top