3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

アメリカFormlabsの新製品、光造形方式3DプリンターForm2

アメリカFormlabsの新製品、光造形方式3DプリンターForm2

formlabs製品

 

米Formlabsは、光造形方式3Dプリンタの新製品「Form2」を発表しました。
Formlabsは、2013年に初代モデルの「Form1」をKickstarterで発表し、一般ユーザーが買える光造形方式3Dプリンタで、300万ドルを集めています。
form2
Form2は、現行モデルの「Form1+」と比較して、外形サイズも最大造形サイズも二回りほど大きくなり、レーザー出力は2倍、スポット径も小さくなっています。
光造型樹脂の温度を一定に保ち、本体にフルカラーのタッチパネルディスプレイを搭載してさまざまなプリント管理ができ、
スマートフォンから常時モニタリングも可能です。

Form2のサイズは350×330×520mm(Form1+は300×280×450mm、以下同)、重さは13kg(8kg)。
最大造型サイズは145×145×175mm(125×125×165mm)、積層ピッチは25/50/100/200μm(同じ)、
レーザースポット径は140μm(155μm)、レーザパワー250 mW。
ビーム幅(FWHM) 100% 強度 38% フォーム1+ フォーム2 160 ミクロン 140 ミクロン
高解像度の3Dプリントにより、見事な表面仕上げとレーザーシャーププリント。
精度のために、信頼性のために設計されています。
新しい剥離機構と、加熱された樹脂タンクは、大規模な、固体部分と小さな複雑な詳細のための信頼性の高い3Dプリント処理を作成します。

 
form2製品

 
スライドピール:樹脂タンクの下剥離力と減少し、摩耗の大きな、固体部分を印刷します。
樹脂ワイパー:適切に樹脂を攪拌し、ビルド領域から任意の微粒子を除去することにより、印刷の一貫性を向上させます。
温水タンク:35℃の一貫した内部温度を維持することによって、最適な印刷条件を達成します。
レベルセンシング:あなたのタンクが自動的にマニュアルトップアップのために一時停止これ以上、印刷中に充填されるようにします。
カートリッジのIDチップ:あなたのダッシュボードからの樹脂の供給を追跡することができます。
オープンモード:サードパーティ製の樹脂を使って実験を継続しています。
あなたの指先でコントロール。:簡単に、無線LAN経由でプリントを送信する前のジョブを再印刷し、
私たちの新しいタッチスクリーンインタフェースとワイヤレス接続を使用して印刷キューを管理します。
常時接続: お使いのプリンタのダッシュボードを使用すると、どこからでもフォーム2にアクセスすることができます。
印刷が開始され、終了、またはプリンタに注意が必要なときときにアラートを受信します。

 
コントロールパネル

 
アメリカ製のスムーズな使い心地のForm2を早速手にいれませんか?

http://formlabs.com/ja/products/3d-printers/form-2/

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top