3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

アラブ・ドバイ・ユネスコの共同3Dプリント技術による考古学的遺産保存

アラブ・ドバイ・ユネスコの共同3Dプリント技術による考古学的遺産保存

Dubaiとユネスコのパートナーシップ

 

アラブ首長国連邦(UAE)とユネスコが、3Dプリント技術で中東の考古学を保存することになりました。

ドバイは世界で最も未来的で魅力的な都市景観の一つに成長しています。
また近隣国のアラブ首長国連邦は、地域の歴史と文化遺産の富を保存しています。
また、これらの文化的なランドマークを保護するため、中東全体の遺跡を保存、保護するために、
アラブ首長国連邦(UAE)は、文書に3Dスキャンと3Dプリント技術を使用して、起こりうる被害が発生した場合に、
それを再構築するグローバル・パートナーシップをユネスコとともに発表しました。

 
Dubai の3Dプリント利用
パートナーシップは、ドバイで建築予定の3Dプリントによる未来財団の美術館、ユネスコ、およびデジタル考古学のための英国の研究所(IDAを伴います)、
ハーバード大学、オックスフォード大学との合弁会社など、パートナーシップのグローバルな側面を考慮にいれて、
人類の進歩に有益な中東地域の歴史や文化に貢献します。

プロジェクトの一環として、未来財団のドバイ博物館は、2015年の終わりまでに、3Dイメージング技術を使用して百万デジタル画像をとることによって、
遺産のモニュメントを文書化し、3Dスキャンした正確な3Dプリントレクリエーションを作成し、他の博物館、大学や研究室のための参照をします。
パートナーシップは、学術及び科学機関や世界中の研究機関との長期的な協力を構築しようとする財団側の戦略的ビジョンの一部です

近代的豊かなドバイ

 
HEモハメッドアルGergawi、未来財団とロジャー・マイケル、デジタル考古学研究所エグゼクティブディレクターのドバイ博物館の副会長によると、
「未来を構築するための革新と開拓者のためのインスピレーションの源として役立つよう遺産を維持することが重要である。
私たちが今日やっていることは私たちの地域の歴史に恩返しし、成果の上構築するための努力の一環です。」
アルGergawi、評議会の副会長と未来財団のドバイ博物館のマネージングディレクターは、
「人間の業績の偉大な遺産に重要な部品としてランドマークをがあります。

政治的混乱の時代、時間の経過による損傷、破壊または改ざんなどのリスクが常にあるけれども実際には、ロゼッタストーンの大ピラミッドから、
人類の理解の多くは、古代の宝物に由来します。」
ロジャー・ミッシェル博士、デジタル考古学研究所のエグゼクティブディレクターは、
「未来財団の美術館の資金で、中東の景観を復元するための研究が倍できました。
これらのシンボル – 建築と古代世界のオブジェクトは – 東と西を結びつけるものに力強く話します。アラブ首長国連邦(UAE)は、この重要な仕事の偉大な友人です。」といいます。
Irinia Bokovaユネスコ事務局長は、「過激派は何の遺産がないことを、何の文化が存在しないことを、全く記憶がないことを私たちに伝えたい。
私たちは手を取り合って未来財団のドバイ博物館で将来の過激派のビジョンに反対し、将来の世代に歴史を伝える支援するための努力に参加します。」
未来的な高概念の建物は添加剤製造の建設技術を使用して構築されるように設定されています。
サウジのキングダムタワー

 

サウジやドバイの近代的都市やIT技術、英語の浸透は目を見張るものがあります。3Dプリンターの効率的利用も進んでいるようです。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top