3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

イカの歯を利用した新しいフィラメントの研究開発

イカの歯を利用した新しいフィラメントの研究開発

イカの歯を利用したフィラメントによる造形

米、ペンシルベニア州立大学で、研究者がイカのリング歯(SRT)に含まれるタンパク質複合体を探索し、
原油や環境破壊の製造技術による合成人工のプラスチックとそれは同様の特性のある天然の熱可塑性材料として利用可能なことを発見しました。

合成材料と3Dプリント用ペレットとフィラメントを含み、大量のイカを必要とします。
熱可塑性天然に存在するの製造のためのイカの収穫よりも、研究者が同様の合成材料を作ることを目標に天然の熱可塑性物質の
化学的および物理的特性を操作することを目標としています。

化粧品では豚に由来するプラセンタエキスなどが、一般に広く利用されていますが、3Dプリンターによるイカのタンパク質複合体が利用可能となり、
医学ではこれまで内臓や皮膚、骨の人工印刷がされてきましたが、材質、素材的にもより、医学レベルの高度で質の高い印刷物の製造が期待されます。

熱可塑性をリバースエンジニアリングするため、タンパク質複合体分子の遺伝子配列から、複合体を合成できる種々のタンパク質をテストしました。
細菌は、その通常の活動の一環として、プラスチック分子を産生できるよう製造および合成SRT分子を試験するため、
研究者らは、大腸菌にSRTタンパク質遺伝子を挿入し、分子を作製した後、得られた熱可塑性を除去します。

プラスチックベースでの製造のため、より環境に配慮したオプションであることに加えて、この特定のSRTの熱可塑性樹脂は、
加熱された押出成形または3Dプリンターで使用されるものを含む他の合成プラスチック同様に成形でき、
プラスチックは、溶媒に溶解し、フィルムキャスティングで使用することができます。
熱可塑性樹脂は、医療および化粧品産業を含め、特定の製造目的のための他の要件のさまざまな調整することが可能です。

3Dプリンターサーモプラスティックに利用されるイカの歯


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top