3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

イギリスの玩具会社Makielabが、3Dプリントされた障害を持った子どものお人形を販売

イギリスの玩具会社Makielabが、3Dプリントされた障害を持った子どものお人形を販売

Makerslabのtoylikeme

 

MakieLabの#toylikemeというキャンペーンで、障害を持つ子供達のための3Dプリントのカスタム人形を発表し、大成功しました。
女の子のお人形を欲しがるという心のはじめには、小さな子どもが、小さな自分の赤ちゃんやかわいい自分の分身を欲しがるといった子どものおしゃまな心です。

 

障害を持つ子のためのお人形
それらのお人形は、弱視のためのメガネをかけたお人形や、顔にあざのあるお人形、難聴の補聴器を付けている人形などで、
とても愛らしく、それぞれの子供の心に響くかわいいものです。

イギリスの玩具メーカーMakieLabは、これまでfacebookなどにも触発され、人形の所有者と一致するカスタマイズされた人形のラインを作成して、
それぞれの子供たちや親にも対応してきました。
市場が現在提供している以上に、より包括的な方法で子供たちの楽しい遊び心を理解、反映し、
より大きな「おもちゃ箱の多様性」のために結集した両親たちによって設立された、
このキャンペーン、#toylikemeは、両親や家族から非常に熱狂的な反応のあるおかげで、既に障害のある子ども達にハイライトをあて、
サポーターとしてもう数万の観客を持っています。
個性を反映したお人形
「高価なツールと長い開発時間を要する海外での大量生産とは異なり、3Dプリントは、ローカルおよびこの一意応答方法で顧客に
サービスを提供するMakieLabが、オーダーメイドを可能にし、キャリアデザインとして、映像の後蒔絵研究所を設立したのです。」
とアリス・テイラーは言っています。
一般に販売されているお人形は、SLS 3Dプリント方法を使用してプリントされ、オンラインエディターやアプリを介してカスタマイズすることができます。
服や髪から手や足に至るまでを含んだ、3Dプリントが提供するカスタマイズの高レベルさという、最強のセールスポイントは、世界に一つしかないものです。
障害を含めるオプションとパーソナライズされたおもちゃを作成する機能は、障害に苦しむ人のためにも、
パーフェクトなおもちゃの世界に収まるものです。

「私たちスーパーチャージャーの設計と製造プロセスは、伝統的な玩具会社によって満たされていないニーズに応えることができることを意味しており、それは素晴らしいです」と、MakieLab CTOマシューウィギンズは述べています。
補聴器や車椅子も3Dプリント
現在、MakieLabは、既存の人形エディタプラットフォームを助ける車椅子や補聴器を含め、#ToyLikeMe機能を提供している、
ユニークな顔のあざを含むカスタム顔特徴などを試験利用しています。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top