3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

イスラエルの医療では、すでに実際的に3Dプリンターによるインプラントがある

イスラエルの医療では、すでに実際的に3Dプリンターによるインプラントがある

シリアの患者の顔を再生する

イスラエルの医師はイスラエル・シリア国境で行われている無数の残虐行為による被害者を助けるため、3Dプリンターのインプラントの利用をすでに始めています。

BBCが最近明らかにしたのは、少なくとも1500人のシリア人が、治療を受けるためイスラエルに移動しました。
負傷したシリア人はゴラン高原上で国境への道を見つけ、何とか病院に輸送され、ハイファへ向かいます。
意識不明の23歳のモハメッドは、イスラエル人に助けられ、ハイファにきました。

シリアのジェット戦闘機から発射体は完全に彼の顔を血まみれにし、混合物を残して、彼の顎と組織を破壊しました。
彼はその後それを無意識に隠すようにしていました。

イスラエルの病院の顎顔面外科医、博士のYoav Leiserは患者に特有のインプラントを研究し
チタンなどによる3Dプリンターでのインプラント製造を利用しています。 Leiserはモハメッドの恐ろしい外観を直すために動きました。
顎の骨の再建は、完全に完璧に動作するのに必要な部品は多く、CTスキャン映像と3Dプリンターを駆使しました。
3Dプリントされたインプラントは、農産物歯科インプラント専門にイスラエルの会社AB歯科、によって開発され、
幸いにもAB歯科もストラタシス3Dプリンタを所有しています。手術は成功しました。

インプラントは彼の顎に取り付けた後すぐに、モハメッドは自分で、食べて、飲むことができました。
歯はまだ整える必要がありますが、いったん彼をなくしたと思った家族は帰りをまっています。
この大成功に続いて、イスラエルの医師は、すでに他の3人の患者が同プロセス手術を待っています。

3Dプリントが組織や損傷した骨をインプラントする優れた医療機器であることが証明されています。

3Dプリントによるインプラント


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top