3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

インドでヒンズー教寺院が3Dプリントされ24kゴールドと宝石で彩られました

インドでヒンズー教寺院が3Dプリントされ24kゴールドと宝石で彩られました

3Dプリントの世界では現在、あらゆる素材をつかった繊細でサイズも大きなものからミクロのものまでが可能になり、
その創造と造形の可能性は存在するあらゆるマテリアルを人間の作ることのできるものにしました。

 

高級寺院ミニチュア

インドの3Dデザイン会社と3Dプリント会社が、なんと24K金とルビーを素材にもちいて、ヒンドゥー寺院を作成しました。
この豪華な造形物は、プライベートクライアント用の添加剤の製造技術を使用して作成されました。

Cremagine社は、インドで3Dプリンターを扱う企業として有名です。
2014年に設立され、エンジニアリング、製品設計とマーケティングを含め、多様な背景を持つ、Sonisとディバンとともに起動します。
iphoneケースや結婚式の記念フィギュアなども手がけています。

 

ヒンズー寺院

 

寺院といえば最近日本の京都の寺院や仏閣に油のようなものをかけるいたずらのニュースが相次ぎました。
仏教国の日本で、こうした目的不明の騒ぎが起こるのも今の時代の心なさとも言えます。
伝統的な建築法で選ばれた木材や塗料を利用して建てられている日本の寺院は、簡単にもとに戻す事も出来ないのです。

3Dプリントといえば、最新の印刷造形技術ですが、その造形はナノレベルにまで到達するのですから、伝統的手作業で従来おこなわれてきた、
今回のような宗教的高級な小型のゴールドの寺院やアクセサリーも簡単に作成できるようになりました。

今回プリントされたのは、ヒンドゥー教でマンディールと呼ばれる寺院で、3DシステムズのSinterstationプロSLS 3Dプリンタを使用し、
モデルには別途Ultimaker 2を使用しました。モ
デルは、神のミニチュアムルティが祀ると崇拝されている寺院のミニチュアモデルです。

 

3Dデータ

 

寺院がプリントされた後、同社は、モデルにその最終的なタッチを与えるためにエメラルドとルビーに24K金箔を適用するためにジュエリーの設定もしました。
寺院の上の石にEnvisionTECで最初にプリントしてから、最終的な銀器具をキャストする金型を作成するために使用された
複雑な銀キュービックジルコニア·フィクスチャ、そして、その上のクジャクはエナメル塗料を使って塗装しました。
その仕上がりは24Kならではの輝きと温かみのある仕上がりに、宝石の輝きの魅惑的なものとなっています。
完成したミニチュア寺は、3Dプリントベースの工芸品の印象的な偉業であるだけでなく、本格的なヒンドゥー寺院で使用される要素を備えた偉大な説明モデルです。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top