3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

オランダで稼働した3Dプリンターのセラミックス造形工程

オランダで稼働した3Dプリンターのセラミックス造形工程

オランダで稼働した3Dプリンターのセラミックス造形工程

オランダのAdmatec社は、セラミックス印刷のソリューションをオランダの施設で稼働しました。

セラミックスの3Dプリントの段階は、通常の樹脂とちがい、焼きと熱の処理に時間がかかり、簡単な工程では完成しません。

同社はFormatecセラミックスからデジタル光処理(DLP)に基づいて、そのADMAFLEX技術を開発しました。
DLP3Dプリンターは、デジタル光処理(DLP)プロジェクターからの光にセラミック粉末が充填されたフォトポリマーを利用し、
光がミックス材を硬化し、対象物の層が作成されます。
その後、Z-プラットフォームは、上下に移動し、新たな層のための点灯処理が開始されます。

パートが完了すると脱結合および焼結が適用されます。
3Dプリント製品は、射出成形品と同様、プラスチックやセラミックの組み合わせです。
DLP3D技術は、高解像度の製品を生産します。

市場は急速にセラミックスを印刷する可能性を拾っている。
一つの用途は、内視鏡検査市場のための複雑な部品を構築することである。
伝統的に、これらの部品は、セラミック射出成形技術で作られている。

しかしAdmatecの技術では、これらの内視鏡の製品は、非常に短時間で印刷することができる。
バリューチェーンのすべての要素が、内部で開発され制御されています。

セラミックスの3Dプリントは、他にも歯科分野の義歯作成、人工骨、オブジェや陶磁器等に利用されており、
金属などとならんで、今後技術的にも開発・発展する3Dプリント素材の一つです。

その造形工程は特に焼きの工程で、3Dプリンターをいったん離れて時間のかかるものでもあり、
今後どのようにそのセラミック3Dプリント工程が、簡易で精密になっていくかに注目されます。

3Dプリンターのセラミックス造形工程


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top