3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

オランダFocus社の、ポータブルマルチマテリアル3Dプリンターの企画開発が進行中

focus-ポータブルマルチマテリアル3Dプリンター

 

オランダのFocus社は、感動のポータブルマルチマテリアル3DプリンターをKickstarterに出しました。
日本ではいつ販売されるのか、まちきれません。
あらゆる素材の利用が可能

 
FormLabs様式の3Dプリンタから、3Doodler 3Dプリントペンなど、これまでリリースしてきたFocus社は、人気のクラウドファンディングプラットフォームをヒットさせてきましたが、今回はポータブルなマルチマテリアル3Dプリンターです。
3Dフォーカス3Dプリンタは、最小限のセットアップで、十分な耐久性をもち、真のモバイル、軽量、多材料高品質の3Dプリンタです。
どこでも手軽に撮影することができ、コンパクトなスーツケースの中に折り畳むことができます。
重さは7キロ、ポータブルマルチマテリアル3Dプリンターの「印刷」ボタンで数秒以内に容易に展開することができます。

ポータブルデバイスに印刷するためのファイルをロードするには、既存の3Dプリンタと同様に、
ポケットサイズのSDカードまたはファイルを使用して、USBケーブルを介してつながるラップトップがあります。

 

 

 

こんなにポータブル

 
プリンタの移植性は確かにこれまで以上の人が外出先での作業を好む時間の間、その値に加算しているが、
おそらく何が溶融堆積モデリング(FDM)さらにフィラメントは、異なる多数の材料による印刷に焦点をあて、それを可能にしました。

これらの押出機のタイプは、PLA、ABS、木材、バイオゴム、ナイロン、青銅、セラミック、シリコンならびにチョコレート食用材料を含む材料の範囲を
印刷することが可能です。
これまでの通常のデスクトップ型3Dプリンターと比較しても、驚きのマルチマテリアルと性能となっています。

容易に交換可能な押出機のタイプに加えて、カスタムソフトウェアは、材料が指定した印刷により、選択されるのを保証するために、
押出機の認識能力を使用して開発され、プリンタは常に意図品目タイプによって最適化されます。
平準化やキャリブレーションを全く必要としない。マルチマテリアルポータブル3Dプリンタとして、印刷精度を最適化するように設計された、
完全に静止した、下部絶縁加熱プリントベッドです。

 
ポータブルマルチマテリアル3Dプリンター

 
現在、フローチームによるポータブルマルチマテリアル3Dプリンターは、次の3週間かけて56475ドルを調達することを望み、
すでにそのキックスターターキャンペーンからすでに16000ドルを調達しています。
資金提供になると、同社は2015年の12月までに3Dプリンタを提供することを期待されており、母国オランダで製造を計画しています。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top