3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

オーストラリアの患者が、3Dプリントチタン顎で、食べることが再びできるようになった。

オーストラリアの患者が、3Dプリントチタン顎で、食べることが再びできるようになった。

xray

 

オーストラリアの患者が、3Dプリントチタン顎で、たべることが再びできるようになりました。
3Dスキャンと3Dプリント技術の組み合わせを使用することにより、外科医は複雑な手術手順の前に勉強するため、レプリカなどを作成しています。
最近、こうした技術が32歳のオーストラリア人のために3Dプリント顎を作成するために使用されました。
オーストラリア初です。

 

チタン顎

リチャード·ストラットンは、顎にまれな奇形を持って生まれました。
顎の左側に関節を持たずに生まれたことで、支障のある生活を長くつづけていたのです。

「私は傾斜顎とゆがんだ笑顔を持っていて、私の家族はそれについて冗談をいいました。」と彼は言います。
「この過去数年間に私は顎に恐ろしい苦痛を感じはじめました。筋肉が締め付け始め、口をあけることすらできなくなったのです。」
彼は噛むたびに頭痛や顔を強く刺すような痛みを感じました。
2014年の後半に、ストラットンは、勧められた3Dプリントのある歯科医でX線をとりました。
そして、ストラットンの頭蓋骨と顎をスキャンし、手術にコミットします。
チタンとチタン合金が有する高強度、軽量と高耐食性は外科的インプラントで使用するための最も信頼性の高い金属の一つです。
メルボルン大学のチームは、プロテーゼで、咀嚼話や他の運動のために使用されるストラットンの筋肉の動きの邪魔にならないよう、
コンピュータシミュレーションの一連のテストを実行しました。

 

手術中

ストラットンは先月、3Dプリントの顎のインプラントに、5時間の再建手術を受けました。3Dプリントのジョイントが顎にねじ止めされました。
ストラットンの顎は写真のように元にもどり、かなり回復したそうです。

術後と術前

3D技術のカスタマイズされた医療機器は、医療の不可欠な一部となっており、エキサイティングな時代の岐路にあります。
日本では、まだまだ手術時の内臓配置の手術シミュレーションなどに利用されているにすぎない3Dプリンターですが、
この3Dプリンターの医療での利用には世界が注目し、どんどん実際的に使用されています。

カスタムデザインのできる3Dプリンターですから、その素材や、インプラントなどでそれを使用することになる患者の骨などの状態にあわせて、
微妙なカーブや材質が選択できます。
こうした理由から、今後の日本での医療での3Dプリンターの利用に注目があつまっています。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top