3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

カクテルを作ってくれる3Dプリンター

カクテルを作ってくれる3Dプリンター

3Dプリンターでカクテルを

カリフォルニア大学ロサンゼルス校卒業・電気工学卒のユウ・ヤン・タムは、”バーMixvah”と呼ばれる飲み物をミックスするバーテンダーのロボットをデザインし設計しました。

すべての部品は、3Dプリントされたものです。
カクテルくらいは誰かに作ってほしいけど時間がないという方にはお勧めです。

”バーMixvah”は5バイポーラ接合トランジスタ( TIP120 )によって切り替えられる5蠕動ポンプのシステムを使用して、すべてのArduinoで制御されます。
Arduinoは、ラップトップ/ Windowsのタブレット上で動作しているNode.jsの/エクスプレス、Webサーバー上でジョニー·ファイブのパッケージによって制御されます。

蠕動ポンプは流体がポンプを通って延びているプラスチックチューブ内に収容され、
外面にシリコンチューブのループをつまむようにローラーを回転させチューブを介して液体を押し出します。
これらのポンプの利点は、正確な液体量をくみ上げることです。

タムは3Dプリンターですべての部分を印刷し、作品を印刷するための合計時間は約18時間で総コストはほぼ180ドルでした。これはその動画です。

タムは、3Dモデル、GitHubの上のコードのSTLファイルを共有して誰もがダウンロードできる環境にしました。
これで誰もがカクテルロボット”バーMixvah”を構築することができます。

3Dプリンターでカクテル


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top