3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

カーボンナノチューブの3Dプリントフィラメントと、その大幅な低価格化。東京ビッグサイト

カーボンナノチューブの3Dプリントフィラメントと、その大幅な低価格化。東京ビッグサイト

カーボンナノチューブの3Dプリント

ベルギーのベンチャー企業のnanocyl社は、ベルギーのNamur大学からスピンオフし、2002年に設立され、同大学教授のJanos B. Nagy氏らの研究グループが取得した一連の特許を,独占的に使用しています。

三井物産の100%子会社であるカーボン・ナノテク・リサーチ・インスティチュートや、日本のCNTメーカーは量産プラントを立ち上げ、
カーボンナノチューブの低価格化を加速しました。

3Dプリンターの分野でも、利用する素材はフードから陶器、金属、そしてカーボンと、多様化しており、
その素材の可能性とバラエティは現世界のあらゆるものと同様の数で実現していきます。

そしてその利用範囲は、宇宙工学、航空、設計、建築、医療、食品、製造、工業など、無限です。

こうした中で、カーボン素材のフィラメントによる3Dプリントの実現が、あらゆる場所でのあらゆる用途に応じたカーボンの可能性を広げていき
、3Dプリンターのもつ特性である、迅速で低価格、簡易な造形が、どこでも可能になっていきます。

カーボンナノチューブの3Dプリント


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top