3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

キヤノンMJから新素材に対応した3Dプリンター発売

キヤノンMJから新素材に対応した3Dプリンター発売

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(以下キヤノンMJ)は、米国3D SYSTEMS社製のマルチジェット3Dプリンター “ProJet MJP 2500シリーズ”を2016年6月1日から販売します。新製品は伸縮性の高い新素材や透明なクリア素材に対応し、製造プロセスの試作や検証など幅広い用途で活用できます。

MJP 2500

■プロフェッショナルモデル“ProJet MJP 2500シリーズ”の特長
新製品“ProJet MJP 2500シリーズ”は、オフィス環境で3Dプリンターを活用するためにゼロから設計され、シンプルな操作でクリーンな後処理が可能になりました。新しく採用された“MJP Easy Cleanシステム”は、サポート材を手で除去することなく、スチームと植物オイルの2つのウォーマー装置を使用してサポート材を溶かして除去します。また、環境にやさしい専用ワックスサポート材”VisiJet M2 SUPサポートマテリアル”は廃棄物も少なく後処理が簡単なため、複雑な形状の再現や精密で繊細な造形パーツの損傷リスクを減らします。これにより、設計者・開発者は、多くの検証をスムーズに実施でき、開発期間の短縮や開発コストの削減を実現してより良い製品を迅速に開発することができます。

造形サンプル 電気信号ソケット
造形サンプル 蛇腹ホース

■“ProJet MJP 2500シリーズ”用 VisiJet M2マテリアル の特長
”VisiJet M2硬質材料シリーズ”は非常に精細で耐熱性があり靱性(じんせい)を活かしたスナップフィットアセンブリ※1が可能で、”VisiJet M2CRL硬質クリア“は、透明なため流体の可視化や内部の設計の検証をすることができます。
”VisiJet M2エラストマー材料シリーズ”はゴムのように高い伸縮性をもった靱性の高い素材で、手に触るゴム製品の感触や防水ゴムパッキンや稼働部の蛇腹カバーなどの造形に役立ちます。

※1部品に設けた凸部(保持部)を、材料の弾性を利用して受け手側の凹部にはめ込んで機械的に固定する組立て方法

■発売の背景と目的
キヤノンMJは、今後継続的な需要の伸びが期待される3Dプリンターを中心に、インプットからアウトプットまでトータルで3Dソリューションの提案を行っています。3DCADや3Dスキャナーによるデータの生成から3DPDFや3Dによる成果物までを提案することで、お客さまの業務におけるコミュニケーションの促進や品質、生産性の向上に寄与します。また、3Dシステムズ認定技術者による全国均一の技術サポート体制を強みに、2017年までに3DCADを含む3Dソリューション事業全体で売上高150億円を目指します。

[公式サイトはこちら]
http://canon.jp/3dsystems


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top