3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

コロンビアで実現したNYC風本格ギター

コロンビアで実現したNYC風本格ギター

colombia-first-3d-printed-guitar-tribute-national-culture1

 

コロンビアでプリントアウトされた3Dプリントギターは国民文化へのオマージュです。

2014年、コロンビアのアマチュアミュージシャン、ハビエル・ムニョスは、
Diegelのアメリカーナギターをプリントしました。

ダイナミックで爽やかなニューヨークの情景やパッションに触発されてとうとう作られた
コロンビア初のこのギターは完成度の高い、注目の作品です。
国家の誇りに満ち、ムニョスは、コロンビア初の3Dプリントギターを作るのに、母国に戻りました。
エルドラドという名前の最終的な3Dプリント機器は、すばらしいものです。

 
3Dプリントギター
彼は最初、彼はアメリカーナと彼の有名な3DプリントScrabとスパイダーエレキギターなどの
オラフDiegelの3Dプリントギターなどについて、研究することから始めました。
Diegelのギターは、単にムニョスのためにだけでは、あまりにも高価であり、
SLS、3Dプリント技術と原料粉末材料を使用して、3DシステムズのSPRO 230の3Dプリンタで製造されています。

彼はアルゼンチンの3Dプリントギターを発見したFDM技術で、オンラインアクセス可能であるため、
デスクトップ3Dプリンターで作りました。
ハビエルは彼のデザインを3Dプリントに1/4Tech Makerspaceの施設を使用しました。

 

「私は私たちの文化について何かをキャプチャしたかった、コロンビアで初の3Dプリントギターは
デザインのコロンビア製、100%でなければならなかった」とムニョスは言いました。
彼はクリストファー・コロンブスの到着前にコロンブス以前のアーティファクト
カリブ海、北、中央、南アメリカ大陸の先住民族の視覚芸術に、
彼は深い敬意と感謝を持つ、一人のファンでもあります。
「私が評価され、我々の土地の世話を私たち​​の先祖のため、しています。このような理由から、
私はプレコロンビアの設計を行うことを決めました。」
彼の好きな、アメリカのヘビーメタルファンダムからいくつかのインスピレーションを得てこのギターは、
オジー・オズボーン、ギタリストランディ・ローズなど、悪名高いフライングVギターをベースにしています。

 

3Dギター
3Dモデルを作成するためには、ムニョスは、Autodesk Inventorを使用しました。
その後、夢を実現するために、3Dプリンターを装備したボゴタで唯一makerspaceの創設者と彼のプロジェクトを共有しました。ギターのプリントは、2週間にわたって約70時間を要しました。 YouTubeでいくつかのハウツービデオを見た後、ムニョスも再生可能な3Dプリントギターを完了するために、配線を行いました。彼はコミュニティとの3Dプリント技術で彼の教訓を共有しました。

彼は母国の多くの他の3Dプリントプロジェクトに取り組む方向です。
このような革新的な3Dプリント製品の造形を、世界中の誰もが作ることができるのです。
カメラやパソコン、スニーカーに楽器、義手に義足。
そういったものを個人や、地域の学術機関などで3Dプリンターの所有により簡単に実現し、より多くの夢を形にするべきです。

3Dプリントギター

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top