3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ゴッホの切捨てられた耳がヒト細胞を使って3D印刷されました。

ゴッホの切捨てられた耳がヒト細胞を使って3D印刷されました。

3Dプリンターで作られたゴッホの耳

ドイツ博物館には、19世紀のオランダの画家、ヴィンセント·ヴァン·ゴッホの遠い親戚の一人から提供された遺伝物質のサンプルより成長した、
ヒト細胞で作られた3Dプリントされた耳を展示しています。

ゴッホのファンは見逃せません。
アーティスト、ディーマット・ストリーブは、ゴッホの弟テオの曾曾孫、リュウウエ・ヴァン・ゴッホの生きた細胞を使って
ボストンのブリガム·アンド·ウィメンズ病院で、耳のレプリカを作りました。

男性の血統を受け継ぐY染色体や、同じ遺伝子の16分の1程度をヴィンセント·ヴァン·ゴッホと共有しています。
「リュウウエ・ヴァン・ゴッホを説得するのは簡単だった、彼はすぐプロジェクトを気に入った」とストリーブはいいます。

3Dプリンターを使用して、細胞はヴィンセント·ヴァン·ゴッホが1890年の彼の死の2年前に精神病で切り落とした本人の耳に似せて成形されました。
耳は栄養液のはいった収容ケース内に生かされており、理論的には何年も保存できるといいます。

主にその作品で有名なゴッホですが、その死にいたるまでのアーティストのしての人生観は多くの人々の共感と興味を集めています。

訪問者がマイクからゴッホの耳に向かって話せるというこの展示会は、7月6日まで行われます。
入力音はリアルタイムで神経インパルスをシミュレートする変換ソフトウェアを使用したコンピュータで処理されます。
ストリーブは来年ニューヨークでの展示も計画中です。

3Dプリンターで作られたゴッホの耳


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top