3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ジュエルデザインの分野で本格的な3Dプリンターの導入がはじまりました

ジュエルデザインの分野で本格的な3Dプリンターの導入がはじまりました

3Dプリンターのジュエルデザイン

アジアの多くの企業が3Dプリンターの価格の低下により、急速に3Dプリンターの利用を始めています。

初期の3Dプリントはメーカーや設計者の使用が多かったのですが、現在、技術はサービス分野にも普及しています。
今年4月にJewelDistrictでは、貴金属ジュエリーの印刷においてその3Dプリントサービスを開始しました。

JewelDistrictで3Dモデルをアップロードして、所望の材料や仕上げを選択します。

JewelDistrictで3Dプリントが可能なことを確認し、ロストワックス鋳造用のワックスを使用して印刷します。
3Dプリントのワックスモデルは銀や真鍮でのラフキャスティングになっており、表面仕上げ、めっき、石のセッティングの面で異なるオプションを提供しています。
同社は、本物の誕生石、スワロフスキーエレメントによって石や水晶、真珠の作成やスワロフスキーの宝石を使用しています。
JewelDistrictまた、設計者が顧客に直接デザインをしたり、生産·出荷・販売を計画しています。

3Dプリントのジュエリーは、容易でウェアラブルであり、ジュエリーデザイナーは、
3Dプリントによって達成することができる幾何学的で複雑なデザインを作成することができます。

今週JewelDistrictは効率的に、モデルのバッチ生産を必要とする顧客のための成形·サービスを開始しました。
3Dマスターからゴム型を作り、金型を使用して作品を作るために注文を出すことができます。

ジュエルデザイン


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top