3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

デスクトップ3Dプリンター、BioBotsで人工細胞を印刷する

デスクトップ3Dプリンター、BioBotsで人工細胞を印刷する

desktop-3d-biobot

 

米の、ペンシルベニア大学の卒業生が、最終的には移植用のヒト臓器に使用できるデスクトップ3Dプリンターによる3Dバイオプリントを実現しました。
彼らは、「再生医療の未来」にBioBotsを使用し、科学者、技術者、医師、DIY生物学者へ、手頃な価格でのバイオプリントを定義しています。
BioBotsは小型で安価なデスクトップ型の12×12インチの3Dプリンタです。

ラピッドバイオプロトタイピングモデルは生物工学の学生、ソロラザノが設計しました。生物学とコンピュータサイエンスのカブレラと、二人はBioBotsを発見し革命的利用について決めました。
エンジニアによるとプロセスは、プリンタヘッドから出る生体材料を使用して再構築し、コンピュータプログラムによるスライスアップで、
個別の層への構築物に製造技術を用いて組織の三次元構造を再作成するというものです。

これらの生体材料は、細胞が懸濁している細胞外マトリックスの構造を模倣します。
Biobotには、細胞を損傷することなく、急速に生体材料を硬化させるブルーライトテクノロジーを使用しています。
現在までの技術で、臓器利用のバイオティッシュが完成しました。

複雑な3D印刷物をつくるのに、必ずしも、高性能で高価な3Dプリンターを利用する必需性はない、ということでしょうか。学生のアイディアによる、
今回のプロジェクトが成功したら、資金の投資も多く期待できます。

 

3DBioBots


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top