3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ドローンと3Dプリンターを組み合わせて、遠隔地に造形物を作成する

ドローンと3Dプリンターを組み合わせて、遠隔地に造形物を作成する

3Dprinter+drone

 

最近、日本でもドローンを利用した首相官邸へのゲリラ行為がありました。
最近急に人々の注目を集めることになったドローンは、国内ではまだ規制が甘いといえます。

子供でも簡単に操縦し、カメラなどを搭載して写真や映画を航空写真なみにも撮影することができるドローンが、
3Dプリンターと組み合わせて、今回遠隔地に造形物を製作することを可能にしました。

 

ドローンでコンクリート造形

 

3Dプリントオブジェクトのためのモバイルプラットフォームの欠如など、既存の産業内の欠陥または制限はまだいくつかあります。
Muppetteプロジェクトは、従来のXYZ軸の制約なしに、遠隔地にコンクリート状の材料を3Dプリントできるモバイルです。

ゲンスラー社はLAベースの建築、デザインの事務所です。
この度、モバイル無人プリントプラットフォームの略研究プロジェクトを行っています。
それは本質的にPLAプラスチックフィラメントの空気押出を可能にして、底部に取り付けた3Dプリンター、カーボンコンポジットhexacopterの開発です。XYX軸制約のサイズを大きくするより、ゲンスラーチームはそれらを削除するソリューションを想定。
彼らのウェブサイトの状態として「どこでも、任意のサイズのものを作ることができる技術の作成のための基礎を敷設。」しました。

 

gensler 3D printer drone

 

PLAプラスチックフィラメントは、その軽量性、コンポーネントの可用性と低融点で選ばれました。
ノートパソコン制御hexacopterのアプリケーションは、社会的、人道的な任務を含めることができます。
例えば、自然災害による輸送の通常のモードの中から、街のカットオフを説明し、
大規模なMUPPsは、彼らが食料や水を見つけることに集中できるように、難民のための基本的な避難所を構築するために展開することができました。この技術は将来的に商業建築現場で使用することができます。

 

 

3Dプリントは、非常に微細な物質の正確な階層化を必要としています。
大切なのはスピードと効率で:緊急8x8ftシェルターは、例えば、1日で印刷することができました。

将来の改善は、特定の機能を持つソナーセンサー、ローカライズされたGPS、PLA投影上のブレードの風力電流の影響に対処し、
複数のMuppettesを組み合わせることです。

3Dプリンターの可能性、またドローンの便利性を備えれば、例えば放射性物質の封じ込みや、救助用食料の印刷、またあらゆるマテリアルが、
無人の到達困難な地域に、簡単に3Dプリンターでなんでも作成できるのです。

食べ物のデリバリーも3Dプリンターを搭載したドローンによって届けられ、届け先でプリントする日が来るかもしれません。
遠隔地でのあらゆる印刷も可能に


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top