3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

国産3Dプリンターニンジャボット新製品発売

ninjabot 新製品

 

 

ニンジャボットでは、これまでのFDM-200,300シリーズに加え、10月初旬、近日新たに次の3機種のリリースを予定しております。
日本語表示
ニンジャボットNJB777

ニンジャボットでは大型の造形物を手軽にプリントしたいというご要望にお応えし、
700x700×700㎜のサイズがプリントできる大型の3Dプリンターを近日発売いたします。

プロトタイプですので正式リリース版はこれより若干の変更になる予定です。
写真の状態の他にヒーター付成型テーブルが装備されます。
フィラメントフィード装置も改良されます。
またオプション装備ではフィラメント切れを検知すると自動的に機械が停止し、フィラメントを継ぎ足すとプリントが再開できる機能があります。

販売予定価格は本体価格¥1,850,000(税別)。
ニンジャボット新製品
ニンジャボットDLT−80

小型のデルタ型3Dプリンターを近日発売予定です。
3軸で動くデルタ型のプリンターとしては非常にコンパクトで幅はわずか170㎜程度。
写真のように簡単に持ち運びができます。
造形サイズは最大80㎜角。2台目のプリンターとしても活躍できそうです。
まずはデルタ型のプリンターを1台手元に置いてみたいという方にお勧めの製品です。
販売予定価格は¥97,000(税別)。

 

 

ニンジャボットFDM-150

これまでの定番製品のFDM-200シリーズよりさらに小型で置き場所を選ばないFDM-150を近日発売します。
FDM-200はコンパクトで机上サイズでしたが、ご家庭や小規模オフィスではもう一回り小さくてもいいというご要望にお答えし 開発したものです。
造形サイズは150x150×150㎜。FDM−200シリーズの基本コンセプトを引き継ぎながら小型化しました。
販売予定価格は¥168,000(税別)。
国内組み立て
ニンジャボットは特に法人ユーザーや個人のデザイナー、未来のものつくりを担う教育機関などでのプロトモデル作成、
小ロットのパーツの作成などのビジネスユースでの使用を想定し、積層ピッチや造形精度のみならず、
まずは堅牢であること、比較的大きなものが作れること、メンテナンスがしやすいこと、どなたにでも扱いやすくストレスなく使えることを目標に、
シンプルで基本に忠実な構造、バランスのいい設計を追求した日の丸3Dプリンターです。
製品サポートやアフターケア、また使い方においても国産なら安心という方も多いはず。

ニンジャボットであたらしい3Dプリンターライフをはじめませんか?

ニンジャボットの最新情報は公式HPでチェックできます。
http://ninjabot.jp/


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top