3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

バイオプリンティング技術による人工細胞などの3Dプリント

バイオプリンティング技術による人工細胞などの3Dプリント

バイオプリンティング技術による人工細胞などの3Dプリント

スウォンジー大学生命科学技術のスピンアウト企業である、3Dynamicシステム株式会社(3DS)は、3D バイオプリントマシンの可用性について、
興味深い内容を発表しました。

アルファとオメガという3Dプリントによるバイオプリント技術です。

これらのアルファとオメガのバイオプリントマシンは、生物学的に活性、互換性のある素材を堆積させます。
3Dプリントで移植骨とオンデマンドによる複雑な組織構築物の製造に取り組んでいます。
3DSによって開発された組織工学技術のハイレベルなブレークスルーは、重傷を負った患者の治療などに使用できます。

これまでも、人工の皮膚などのバイオティッシュが3Dプリント技術で作成され、人工筋肉なども作られる時代となりました。
日本では、IPS技術がノーベル賞を受賞し、実際的に手術にも利用される段階となりましたが、
よりスムーズに安価に手術用の人工細胞等を3Dプリントで作成できるという可能性は、今後の世界の医療に革命をもたらします。

3DSはクオリティの高い研究の3Dプリントによるバイオプリントを開放することを目的に、印刷·コーティング(WCPC)のためのエンジニアリングで知られる、
ウェールズセンターの大学で(下図)博士ダニエル·J·トーマス、シニアリサーチオフィサーによって設立されました。

システムは、三次元の機能的なリビングマクロ組織システムを構築し、生物学的に活性な物質を使用するレイヤー・バイ・レイヤー・アディティブ製造方法によります。
幹細胞のベース材料は、後に生体組織構造に成熟する生物学的特性を有します。

3Dynamicシステムはソフトウェア制御され、敏感な電子機器や機械部品を搭載しています。
伝統的な三次元印刷技術と比較して、3Dynamicシステムは、2つの動作モードを一貫した精度で設計されています。
最大50ミリメートル/秒の速度で動作する高精度モード10ミクロンの精度と、それらは/秒を2ミリメートルまでの速度で実行されている2ミクロンの超高精度モードがあります。

人工細胞などの3Dプリント


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top