3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

パリのセラミック最新技術と3Dプリンターの未来

パリのセラミック最新技術と3Dプリンターの未来

パリのセラミック最新技術と3Dプリンターの未来

WASPは、イタリアで最も印象的な3Dプリンターメーカーの一つで、製造技術分野において、さまざまな開発を進めています。

最近WASPは、巨大なセラミック印刷デルタプリンタを、イタリアのローマで開催された印刷メーカーフェアで披露し、観客を多いに沸かせました。
同社は3Dプリンターだけでなく、同社がこれまで取り組んできた新しいセラミック材料により、パリで開催される3D Printshowに今月参加します。

3Dプリントの構築にWASPは焦点を当て、医療分野など自社の技術を磨いています。
同社は、天然の骨と同様の多孔質構造と骨インプラントを作成するようなヒドロキシアパタイト、
バイオガラス、および酸化アルミニウムなどの3Dプリント移植可能なセラミックをスズメバチのように堆積させる技術をみつけ、
WASPはパリの3D Printshowで発表する予定です。同時にプラスチック材料による0.35ミリメートルのdiamater粘土フィラメントも開発しています。

イタリアや、パリは芸術や、医療技術の歴史的都です。
そのような街で、こうした3Dプリンターによる、あたらしいセラミックの開発や発表が盛んに行われることにより、
3Dプリント技術の手作業に近い精密で、細かな作業が可能になり、手作業以上の芸術作品が、
3Dプリンターで実際的に精密に再現、実現されるようになる日も近いと思われます。

高度な知性は、芸術と医療、工業などを結びつけ、その知性はとめどなく広がりと深さを見せます。
そうした世界が、3Dプリンターの技術にも反映されることで、これまで人工骨など、死体や生体から摘出した手術への利用などが宗教的にも論議になっていましたが、
そういった問題も3Dプリンターのあらゆる素材の利用が可能になり、その技術も発展したことにより、多いに革命的に全ての知性の限界をこえてきた3Dプリンターといえます。

3Dプリンターの未来


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top