3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ビットコインの3Dプリンター印刷の今後の動向

ビットコインの3Dプリンター印刷の今後の動向

3Dプリンタービットコイン
ビットコインは低コストの決済や、マイクロペイメントが、権力機関や発行者無しで可能にし、ノードから別のノードへの貨幣移動は電子署名取引により、
待機時間は10分程度、P2Pネットワークのノードにブロードキャストされます。

2008年に考案されたビットコインのデジタル決済システムは、21世紀を先導するように見え、消費者の世界市場全体の支払い通過としての形式を担っていました。
最近は簡易な支払い方法として、ビットコインプッシュがあります。

ヨーロッパの商人の大多数が高いクレジットカードの取引手数料に現金を必要とするため、既存のクレジットカードリーダーと同様、3DプリントのPOSマシンであるビットコイン端子が開発されました。
現金を運ぶだけでなく、デジタル取引のための低コストオプションの実現をめざし、消費者や商人の両方の長所を持つ、ビットコイン取引プロセスは未来的通貨の簡易性をもちます。

Bitpayと提携することで、変動リスクを持っていない安価なハードウェアを介して、常に支払い可能なデバイスを持つことができるようになります。
チームはラズベリーパイの代わりに、ネクサス電話に基づく第2のプロトタイプに取り組んできました。
パイプラットフォームは、彼らのターミナルソフトウェアをカスタマイズするためにも多くのオプションを可能にし、またそのような彼らのNFCアンテナとiBeacon実装としてその他の詳細を改善します。
チームはまた、ハードウェアコンポーネントのためのより洗練された工業デザインに取り組んできました。

現在も変わり続ける決済、支払い方法の未来的動向は、見逃すことができません。

ビットコイン


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top