3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

フランスでもThingiverseによる義肢、義手の格安3Dプリント

フランスでもThingiverseによる義肢、義手の格安3Dプリント

義手義足

義手や義足がオンラインで3Dプリント可能になったのは去年頃です。
実際海外では何人もがこのシステムでクールな義手や義足を出力し、利用しています。

フランスの義肢を必要としていたレンヌは、従来の数万ドルの義肢ではなく、彼自身のためにロボットハンドを構築することが可能か、深く研究していました。
研究者のハチェットは、オンラインコミュニティを含むオープンソースツールによるロボットハンドの設計や、人工器官などを、
3Dプリンターで製造することを考慮していました。
レンヌは、3Dプリントされたロボットハンドの作成に興味と興奮をもちました。

現在、オンラインリソースが、最初のプロトタイプを取得するために必要な部品を供給できるブレーンストーミングを開始しています。
サービスにはMakerBotの有名なThingiverseも含まれています。
二人は、安価なバイオニックハンドを設計することが可能で、オープンソースのロボットアームを作成するという感動的な制作に期待しました。

わずか数ヶ月後にハチェットはLabFabで複数の部品や米国からの筋センサーに至るまでの国際貢献者を得ることができ、設計入力をしていました。
5ヶ月後、透明釣り糸を使用して関節を移動するためのアクチュエータを搭載したすべての筋肉センサなどで、250ドルのコストで完成した試作品は多様な展示会に出品されました。
このBionicoと呼ばれる義肢は試作段階で、さらに開発する必要がありますが、今後クラウドファンディングを通じて資金を調達し、
低コストでアクセス可能な補綴の必要としている人々の生活の質を改善するためにスポンサーを見つけることができます。

低コストの人工装具の向上に専念し、国際的なネットワークとデータベースを作成したい、
そしてそれを誰もが自分で作ることができるようになるという希望にみちたプロジェクトは、今開花したばかりです。

格安義手


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top