3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

フルカラーで、人物の動きを瞬時にとらえるMakerbotの3Dプリンタースキャナー

フルカラーで、人物の動きを瞬時にとらえるMakerbotの3Dプリンタースキャナー

フルカラー ハンドヘルドスキャナーの造形

SoftkineticProfactorから技術を使用し、Makerbotがハンドヘルド3Dスキャナーを開発しました。
Makerbotは、新しい3Dスキャナー特許を取得し、DepthSense3Dイメージング飛行時間型CMOSセンサーとして、日常の人間のジェスチャーや顔かたちなどの形状を十分スマートに再現します。サイズやオブジェクトの動き、それはタイム·オブ·フライトにより、カメラ前でオブジェクトの動作をバックアップする赤外光で、時間を測定し、3D DepthSenseカメラがリアルタイムで、3D画像だけでなくデプスマップ画像をとらえます。

人形は、その美しさが特徴ですが、3Dプリンターの造形物であれば、その個人のくせや特徴をとらえたフィギュアや、スポーツ選手のアクションなどを、より厳密にプリントアウトできれば、また一つ違ったテイストが3Dプリンターの世界に加わります。
新しいスキャナはオブジェクトの限られたサイズとフルカラースキャンなどの問題でデスクトップデジタイザが直面している問題の多くに対処します。企業がそれに同行する消費者が近い将来的には、フルカラー3Dプリンターを導入することを計算しています。

Scanner-3D-Sense

確かに、フィギュアなどは特に子供たちにも人気ですが、アニメのキャラクターなどは、造形終了後、その色づけに非常に繊細な技術と時間を要します。もともと3Dプリンターがフルカラーであれば、3Dデータから3Dプリンターで印刷するだけの手順で、造形が終了し、簡易にフィギュアなどのフルカラー造形物の作成が可能になります。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top