3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

プジョーのコンセプトカー、『フラクタル』が3Dプリント技術を大胆に採用

プジョーのコンセプトカー、『フラクタル』が3Dプリント技術を大胆に採用

フランスに本拠地を置く、世界最古の自動車量産メーカー、プジョー。

そのプジョーが、2015年9月に開催されたフランクフルト国際モーターショーに出展したコンセプトカー『フラクタル』に最先端の3Dプリント技術を大胆に採用しています。

プジョーのフラクタルの3Dプリント

医療用生体工学など工業ソフトウエア、そして3Dプリントなど手がける、米のマテリアライズ社が3Dプリントを手掛けていますが、内装の80%以上が3Dプリントにより成形されています。

音の反響などを考慮したフラクタル構造の3Dプリントパーツにより、オープンカーでありながらも素晴らしい音響空間を実現するとのことです。車の名称『フラクタル』はまさにそこから来ており、今回のコンセプトカーの重要テーマであることがそこからもわかります。

プジョー 3Dプリントの内装

プジョー同様、今後他の自動車メーカーも、部品だけでなく様々な場面で3Dプリント技術を活用していくことでしょう。

音響面だけでなく、空気抵抗、強度面など、今後の実用化が楽しみです。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top