3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ミケランジェロの彫刻を3Dスキャンして再生、復元する技術

ミケランジェロの彫刻を3Dスキャンして再生、復元する技術

ミケランジェロの彫刻の3Dスキャン

 

3Dプリンターのクリエイションにおいて、最高の使い方は歴史的な芸術などの保存物を、代々長く守り抜くために、
3Dスキャンして再現し、保存することにもあります。
米、オークランド、カリフォルニア州に本社を置くスタジオ・ファソムは、3Dプリントや添加物製造の専門知識と高度な技術に焦点を当てて、
ミケランジェロの有名なピエタの彫刻を再作成するために、サンフランシスコ·エリアの企業と提携しており、
金属鋳造会社ファウンドリーとのパートナーシップを通じ、ミケランジェロの作品を最も洗練された複製として再生するプロジェクトを3社で行っています。
歴史的な作品を、最新の3Dプリンターで復元、再生するという技術は、3Dプリンターの精度の向上により、よりリアルで手作業より最適な事になりつつあります。
点群と3Dモデルにデータの処理をする前に、元の鋳造彫刻からスキャンデータを収集します。
最終的なファイルが完了したら、VeroBlueまたはVeroClearでObjet500コネックス(PolyJet技術)を使用してモデルを作成し、
それが3Dプリントされた後、ムシワックス鋳型を作るためのモデルを使用して作品鋳造に渡されます。

ワックス金型は最終的にブロンズ像を再作成するロストワックス鋳造法で使用されています。
ミケランジェロの大理石の彫刻ピエタはサンピエトロ大聖堂内に収納されました。

 

ミケランジェロ


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top