3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ミニUSB掃除機を3Dプリントする

ミニUSB掃除機を3Dプリントする

usb 3d プリント掃除機

 

このミニUSB掃除機は若いフランス人ユーザー、Loannブーダンによって設計されています。
PCとワークエリアに、小さな真空掃除機があると、とても便利です。

3Dプリントされたそこの掃除機は、ミニUSBで電源が入ります。
この小さくて効率的なデバイスを使用するとワークエリアが常にクリーンな状態に楽しくキープできます。
このミニUSB掃除機は電子/ 3Dプリント建築プロジェクトでの経験のビットがあれば作ることは非常に簡単です。
DCモーターRE-140、USBアップルケーブル、スイッチ、LEGO部品やティーバックなどで簡単に構成されています。

 

タービン

 
ブーダンが説明するように、このような小型真空掃除機の秘密は効率的な設計です。
「ほとんどの掃除機では、ほこりっぽい​​空気がダストバッグに電動モータで駆動されるファンによって吸引されます。それをろ過し、浄化された空気を外部に送る。」と彼はいいます。
この小さな3DプリントされたミニUSB掃除機は、実に機能的で効率的です。
構造

 
この楽しくて、機能的なプロジェクトに興味をお持ちの方は、ブーダンのInstructablesページで、7部品用のファイルをダウンロードすることができます。
すべての部品は、ABSまたはPLAのいずれかで3Dプリントすることができますが、これらの部品の多くは非常に繊細で小さいことに注意してください

タービンのような細かいものを印刷する場合には、ピースがプレートに付着することが非常に重要です。
PLAで印刷する場合は、加熱プレート上のABSの薄い溶融層は一部がプレートに付着するようになります、
液体ABS液を作るガラス容器中のアセトンとABSの小片を混合し、最後に、加熱プレート上に配置されるガラス板上にソリューションを広げます。
掃除機のいろいろ

 
スロットは、モータ、USBケーブル、スイッチや、ティーバッグ真空フィルターなどで構成されています。
ティーバックは閉じて、文字列をカットします。
フィルターホルダー部に挿入し、それを接着剤、フィルターホルダー部の底面の最小のディスクと接着し、フィルタの穴を通して、
レゴ固定器で固定します。
その後、真空掃除機のホースとして機能するように柔軟なLEGOパイプをいれます。

ありそうで、なかなかない、デスク周りのミニ掃除機があれば、クリーンなデスクで快適な仕事が進みます。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top