3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ムトーエンジニアリングより、Value 3D Resinoid MR-5000が発表

ムトーエンジニアリングより、Value 3D Resinoid MR-5000が発表

ムトーの大型3Dプリンター

 

ムトーエンジニアリングは大規模な3Dプリントが可能なValue 3D Resinoid MR-5000を世界的に発表しました。
多くの工業レベルの3Dプリンターは、SLAまたはSLS 3Dプリント技術に依存していますが、
FDMの、非常に有望なモデルが、日本のムトーエンジニアリングから発表されています。
Value 3D Resinoid MR-5000
Value 3D Resinoid MR-5000の3Dプリンターは、大規模で非常に正確な3D印刷樹脂が可能で、印刷スキルは本質的にパワーアップしました。
ムトーエンジニアリングの武藤工業株式会社は、東京に本社を置き、非常に興味深く、
手頃な価格の産業用3Dプリンターの開発などで知られています。

Value 3D Resinoid MR-5000は、ほとんど工業的規模で3Dプリントを行います。
改善されたプリントヘッドと素材のオプションなど、エンジニアリングプラスチックとラピッドプロトタイピングのためのソリューションを提示します。
ムトーエンジニアリングのウェブサイト上で説明がありますが、3Dプリントを、300ミリメートルあたり、
非常に高速に行うValue 3D Resinoid MR-5000は、300度約15μm​​でのすばらしい精度を達成する技術をサーボモータで制御します。

Z軸は0.1ミリメートルの最小分解能を有しています。
プリントテーブルは、100 kgの負荷容量が可能で、150​​度まで加熱可能、本体はアルミニウム合金から作られています。
Value 3D Resinoid MR-5000は、3DプリントにABS樹脂、弾性体、ナイロンなどのポリカーボネートのエンジニアリングプラスチックを含む材料など、多様な素材の利用が可能です。
Value 3D Resinoid MR-5000本体
日本のメーカーは「バイマトリックス構造のモデル化」と呼ぶ異なる材料と樹脂複合材料の3Dプリントを可能にする
2つの別個のプリントヘッドを装備しています。
単一のオブジェクトに複数の特性や機能を埋め込むために、印刷プロセスを通して、異なる時間に異なる樹脂を使用して3Dプリントします。

例えば、ナイロンの機械的強度だけでなく、他の材料の弾性を持つオブジェクトを作成します。
この連続相互作用を利用して複合材料の異なる割合のレベルを介することにより、ユーザーには製造の自由がたくさんあり​​ます。
樹脂の組み合わせ例
3Dプリンター本体は、500x500x500mmの3Dプリントのベッドを搭載し、マシン自体はW1240xD1100xH2050mmで巨大な造形が可能。(約350キロの重量まで)。
操作自体はクールな15インチカラーLCLパネルで行われます。
Value 3D Resinoid MR-5000は工業用ですが、一千万円で販売しています。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top