3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ムーンハウスプロジェクトは成功するのでしょうか

ムーンハウスプロジェクトは成功するのでしょうか

3Dムーンドーム

スウェーデンの芸術家ミカエル・ゲンバーグのムーンハウス・プロジェクトと呼ばれる、月に自己構築する家を配置するというアートワークが実現します。

15年前にスウェーデン宇宙公社は、月周回軌道への衛星を構築する計画があり、
2003年のゲンバーグのムーンハウス・プロジェクトは金融危機で実現しませんでしたが、現在このプロジェクトが再燃しました。

アメリカの航空宇宙会社Astroboticsの助けを借りて、2015年10月に月の表面に配置されます。
この家は靴箱サイズのパッケージに折り畳んで月へ飛ぶように設計され、3Dプリンターにより作成されます。
特別に開発された加圧ガスを用いたカーボン製の材料を使った生地の薄いシートによって作られており、
月でそれが約5分から15分で展開され、家は9平方メートルです。

ムーンハウスは現在75%まで完了し、プロジェクトの実現には、15百万ドルが必要です。
お金は2014年中にグローバル・クラウド・ファンディングで資金が集められる予定です。

ムーンハウスのサポーターには様々な報酬があり、誓約30ドルは、ムーンハウスの3D図面へのアクセスを得、
50ドルの貢献者は、実際に本物のムーンハウス内側に自分の名前が刻まれます。

384000キロという月までの距離は、ゲンズバーグによるとムーンハウスが1米ドルで25メートル月に近くなることを意味するといいます。

月における家の構築は、子供たちの宇宙への興味をより引き出すことになるでしょう。

3Dムーンドーム


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top