3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

メタル素材の3Dプリンターによる造形物の作成

メタル素材の3Dプリンターによる造形物の作成

メタル素材の3Dプリンターによる造形物の作成

自動車、航空宇宙や、医療産業のための複雑なコンポーネントを構築することが可能な金属3Dプリントシステムは、まだ市場では非常に高価です。

今回オーストラリアにあるオーロラLabsは、低コストの金属3Dプリンターを開発しました。4000ドル以下の価格で、
そのSシリーズ·メタルプリンタの量産に資金供給しキックスターターを立ち上げました。

オーロラLabsは「鋭角印刷」として、将来的にはセラミックスやプラスチックなども素材としています。

キャンペーンによると、新しいこれらのマシンが以下の金属を使用して印刷することができます。
ステンレス、ハステロイ、真鍮、青銅、軟鋼などです。
そして、それらを結合するための金属レーザ焼結技術には、異なる金属は異なる融点および冷却温度を有し、加熱と冷却の機能が必要となります。
手頃な金属3Dプリントは安価なものもあり、数万ドルの範囲で購入、またはリースが可能です。

金属による3Dプリントは、これまでの樹脂のデスクトップ印刷の範囲から、木材、メタル混合の樹脂などから発展してきた素材で、
他にも3Dプリントの素材としては、食材、人工骨、人工細胞などが可能です。
金属のものが身近になり、個人用にも利用できるようになれば、3Dプリント銃やコインなどの違法製造などの恐れもありますが、
3Dプリントの利用範囲が広がり、とくに、企業や学術などで利用されるようになれば、金型やアクセサリー、医療機器など、
あらゆる範囲での金属製品の小規模印刷の時間とコストが削減されます。

メタル素材の3Dプリンター


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top