3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ヨリス・ラーマンのデザインした椅子が安くダウンロードできます。

ヨリス・ラーマンのデザインした椅子が安くダウンロードできます。

ヨリス・ラーマンのデザインチェア

今年の初め、オランダのデザイナー、ヨリス・ラーマンは鋼、ステンレス鋼、アルミニウム、青銅、銅などの金属を印刷することができる、MX3Dメタルの産業用ロボットを発表しました。

一度溶融金属を少量添加することにより、 MX3Dメタルは空中に線を印刷でき、荒削りですが、ほぼすべてのサイズと形状の構造物を作成することができます。

ラーマンは「ビット工芸ヨリス・ラーマン・ラボ」と呼ばれる新しい展覧会をニューヨークのフリードマンベンダギャラリーで開いています。

「人々は、デジタル製作といえば、普通3Dプリントを思いうかべる。」 とラーマンはいいます。
「木材や金属のような本物の材料を使用することによって、より高いレベルにしようとしたこれまでの小さなキーチェーンサイズのものはちょっと退屈だった。」

ラーマンの研究室は、ウェブサイト上のビット&パーツにおいてデジタル設計図を公開する予定で、それは人々のためにいつも開かれています。
パズルの椅子は30ドルから 50ドルでダウンロードし、自宅のプリンタで複製することができるようになります。

ビット&パーツは、進行中のプロジェクトであり、現地で生産でき、効率的で美しく、そして完全にリサイクル可能な家具を設計し作成するため、
世界中のすべてのメーカーを招待しています。

このプロジェクトの成功には根本的にコストを削減し、自動化された製造プロセスをスケールアップする必要があります。
彼らの開発目標は、完全にクラウドから製造をストリーミングし、大量のデジタル製作ユニットを自動化し、設計を最適化することなどです。

アート感覚の椅子や小物がより簡易に自分のものにできるようになりました。
「ヨリス・ラーマン・ラボ:ビット&パーツ」は、ニューヨークのフリードマンベンダギャラリーで展示されています。
展覧会は6月14日からです。

椅子データのダウンロード


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top