3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ラズベリーパイPCを利用して、自分のスマホを3Dプリントする

ラズベリーパイPCを利用して、自分のスマホを3Dプリントする

tyfone

 

3Dプリントで、独自のスマートフォンをカスタマイズ製作することができます。
スマートフォンの登場は、携帯電話の革命的変化でした。いまではスマホでない普通の携帯電話は珍しいくらいです。
アプリを利用し、電話やメール以外の機能を楽しみ、ゲームやナビゲーションまでできるスマートフォンは
携帯できる人口知能といっていいほどにまで成長しました。

 

tyfoneの中

3Dプリンターの世界で、最近のプロジェクトの一つは、tyfoneです。
これは誰でも作ることができるDIYスマートフォンです。
ユーザーMach_5によって完全詳細な製作手順をもつ、このプロジェクトは、オンボードコンピュータとしてラズベリーパイを使用し、
3.5インチのタッチスクリーンを利用しています。
電話をかけ、SMSメッセージを送信し、時間の調整や、他のアップデートには、Adafruit Fonaを使用しています。
インターネット、携帯電話ネットワークに接続するためには、USB無線LANアダプタをもちます。
tyfoneはカメラに、5メガピクセルのカメラモジュールを利用します。

 

カメラも搭載

このスマホの製作には、ユーザーはハードウェアコンポーネントと無料でダウンロードできるSTLファイルを取得する必要があります。
プロジェクトのコンポーネントは、サードパーティの小売店から購入するラズベリーパイA +、Adafruit FONA UFLバージョン、
ラズベリーパイカメラ、GSMアンテナ、1 W 8オームメタルスピーカー、USBなどがあります。
他のコンポーネントとして、無線LANアダプタ、リチウムイオン電池も必要です。

ユーザーはThingiverseから直接ダウンロードすることによってエンクロージャを3D印刷できます。
ユーザーが独自の3Dプリンタへのアクセス権を持っていない場合は、Shapewaysか3Dハ​​ブなどの3Dプリントサービスプロバイダに
アップロードすることができます。

さらに、Mach_5で個人デザインにカスタマイズしたい時には、GitHubのアカウントで元のSolidWorksファイルを供給します。
T-Mobileから入手可能なSIMカード、Adafruit FONAモジュールもダウンロードし、最後に、SDカードストレージを提供するためにインストールし、
無線LANアダプター付属のPythonベースのソフトウェアをインストールします。

スマホを手作りに


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top