3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ロシアの3Dバイオプリンティング技術

ロシアの3Dバイオプリンティング技術

ロシアの3Dバイオプリンティング技術

3Dプリント技術は、急速に進化し、現在ほとんどの材質をもつ素材が造形作成用の素材として利用可能である。

その中で、医療の分野に今もっとも注目されているのがbioprintingの技術によるものです。
人工細胞は日本のノーベル賞を受賞したIPS技術の手術の実現などが、豚の角膜などを利用して最近実現しているが、
それを3Dプリント技術で作成するための素材や、実行するbioprintersを手頃な価格で製造し販売に至るまでには、
商業的には長い道のりが依然として存在しています。
IPS細胞は動物による人工細胞の生産という点で、すべての国に受け入れられる手術用材質造成技術とはいえません。

現在人工筋肉、人工皮膚や細胞が印刷可能で、医療用途の広い範囲もありますが、奇想天外なアイディアとして食用肉の印刷なども考案されています。
特に米軍などが研究の成果をあげているが、血管や人工皮膚などが印刷可能になれば、医療技術に大きな革命を与えます。
アプリケーションの広い範囲でロシアの会社3D Bioprintingソリューションは、オープンイノベーション2014のフォーラムで、3次元bioprinterを発表しました。

そこでは、機能的な3次元組織と器官の再構成に必要な粒子などの印刷技術が公開されました。
教授ウラジーミルミロは、細胞シートだけでなく、バイオインクを使用していることを明らかにしました。
印刷される生体組織の3Dレンダリングを開発するソフトウェアで、プリンタ自体は全ての方向に移動することができ、
ノズルは、スフェロイドを連続した層でヒドロゲルとバイオゲルを押し出します。

チームはモスクワで超近代的な設備の整った、バイオテクノロジー研究室を構築しています。
独自のバイオインクを作成する処理では、それらは、組織スフェロイドの大規模製造の技術や、バイオインク製造プロセスを発表しました。
完全に機能する甲状腺の印刷で、移植に適した実際の人間の腎臓の生産を検討中です。

ロシアの3Dバイオプリンティング


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top