3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ロボハンドという格安の義手や義足を広く3D印刷製造するファーム

ロボハンドという格安の義手や義足を広く3D印刷製造するファーム

ロボハンド

日本で、チャリティーといえば、クリスマスの街角の教会募金や、無名のミュージシャンのチャリティーコンサートが頭に浮かびますが、
海外では大学やボランティア団体が進んで地域の手足の不自由な人にロボハンドを中心に3Dプリントし、提供しています。

3Dプリンターのメーカー、エアウルフは、3Dプリントハンド補綴をクランクプリンタファームにおいて、上肢補助器具を提供している慈善団体です。

3Dプリンターメーカーはエアウルフは、できるだけ多くのRobohandsをクランク所有する方針で、
アメリカのコスタメサでそれらに参加する百の社内のプリンタでオンサイトになります。
ここでは彼らのウェブサイトにアクセスして、フィラメントのロールのための25ドルを寄付します。
最大印刷するにはエアウルフ3Dプリンターを使用します。5ドルで印刷してくれます。

このチャリティ活動は、これまで非常に高価で、製造に時間のかかった義手や義足の製造を、
障害者個人の年齢や性別にあわせて安価に迅速な対応を可能にしました。

3Dプリントの良さは、その印刷の柔軟性でもあるのです。
こうした活動が、一人一人の自由な行動を可能にし、活動的で、前向きな思考を希望とともに多くの障害を抱える人々やその関係者に与えることができます。

現在日本でも6万円で購入できる3Dプリンターで、個人でなくても、病院や施設、大学、養護学校などが、
すすんでこうした地域の障害者に希望を与える取り組みとして、このチャリティ活動をまねしていく事が大きく期待されています。

義手や義足を広く3D印刷製造


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top