3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

ロンドンの地下鉄、ビクトリア駅の改修に3Dプリンターを使用

ロンドンの地下鉄、ビクトリア駅の改修に3Dプリンターを使用

ビクトリアチューブライン

 

 

デザインのアイデアを伝えるためにモデルを使用することになると、建築家、都市プランナー、不動産開発やその他の利害関係者を含む都市開発に関わるものはスケールモデルを使用してきました。
しかし最近の3Dプリントの進歩により、これまでのスケールモデルなどに、CADによる3Dデータの概念を入れて実行すると、
伝統的なハンドクラフト法の時間と比較できないほど、3Dプリンターは、高解像度でかつ少ないコストでそれらを印刷できます。
ロンドンチューブ
最近、ロンドン交通局(TFL)は、ロンドンの交通システムサイドを担当する地方自治体が、ビクトリア駅地下の地下鉄駅を
アップグレードする計画をたてました。

景観や歴史的伝統的建造物を重視した、美しい地上構造物の並ぶロンドンにおいて、
3Dプリントモデルを使用する利点は土木ノウハウを持つ利害関係者への地下のアイデアを実際的に実現し、
トンネル、部屋やユーティリティのケーブル経路の複雑な地下ネットワークについても、
それを構成する多くの層などを2Dイラストで視覚化することは困難です。
ビクトリア駅
マルチレベルな構造だけでなく、地上と地下の制約に基づいた構造物の位置を示すことは、多くのトンネルなど、
設計チームは3Dプリントモデルをうまく利用します。
設計チームのレーザーは、駅のレイアウトの正確な3Dモデルを作成するために、データのポイントなどに、数百万ドルを使用し、
既存のビクトリア駅をスキャンしました。
その後縮小サイズで3Dプリントで正確な3Dモデル描写を作成しました。

ユーティリティケーブルやパイプ、乗客の歩道、チケットホールなど、設計者は最終的にこれらの機能を区別するため鮮やかな色数を使用しました。
リーズナブルな価格で明るい色を提供するために、選択的レーザー焼結(SLS)プロセスで3Dプリントモデルが作られました。
また、ステーションの設計を説明するため、周囲の建物やランドマークなど地上レベルの機能の表現を特色にしたモデルを置きました。

迅速で、ローコストに、3Dプリントモデルがアイデアを伝えるために革命的なクリエイトステップを見せています。
「3D設計を共有するのは、最初の場所でデザインを作成するのと同じように不可欠であり、プロジェクトチームは、
数年前から3Dプリントを活用してきた」と、ロンドン交通局のポール・キックは述べています。
ロンドン
こじんまりとしたところは、日本とにていて、可愛らしくもあるロンドンの交通機関ですが、
最新の3Dプリンター技術が、その改修などにも使われています。日本の仏像や、イタリアの彫刻、そしてロンドンの交通機関など、
より実際的、現実的にこの3Dプリンター技術は人間社会に貢献しています。

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top