3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

中国の3Dプリントの住宅会社、ZhuoDa

中国の3Dプリントの住宅会社、ZhuoDa

3Dプリントハウスプラン

 

3Dプリントの住宅会社ZhuoDaはこの夏、3Dプリンターによる住宅を製造し、大変な注目をあつめました。

中国の会社ZhuoDaグループは建設業界内で最も印象的な偉業となる、3Dプリンターによる住宅を展示しました。
その住宅は、工場で印刷した後、わずか3時間以内に現場で組み立て、モジュール式のヴィラとなっています。
劇的に生産時間とコストの両方を削減した2階建てのヴィラは、今後の世界的な住宅危機に有望な解決策のように思えるのです。

 
3Dプリントヴィラ

 
フィナンシャル・タイムズの報告によると、中国のアリババグループのニュースサイトが、ロシアに金融商品を販売することによってZhuoDaによる新材料技術、
ZhuoDaグループの単位は、中国北部の河北省40万の投資家から資金を調達していたことが明確になり、4年間の投資の20〜30パーセントの驚くほど高い年次リターンをしめしました。
河北省政府の財務事務所は伝えZhuoDaの資金調達を検討しています。

ZhuoDaは、すでに合成木材や竹を利用し、3Dプリントハウスをスタートさせています。
3Dプリントの家は、6つのモジュール部品で構成され、90%が室内装飾、書き込み、配管、家具、など、工場内で製造されています。
3時間で建設
3Dプリント住宅市場は、ZhuoDaなどの企業によって提案された超高速、超安価なモデルに向けてより傾くか、
または消費者がより持続可能かつ実行可能な3Dプリント住宅を追求する場合かどうかがソリューションです。

中国は、3Dプリンターの実用も早く、医療の頭蓋骨インプラントや、住宅の建築、エアコンなどの製造、実用にすでに3Dプリンターを現実的なクリエイション製品として
大いに実用を開始しています。
3Dプリンターによる住宅の製造は、もともとアメリカのNASAが、月に家を建築をするというコンセプトで、国民から資金や支援を集め、現実にする計画があり、
それがスタートとも言えますが、実際住宅事情の整っていない国や地域では、建設機械や資材の調達の困難な場所でも、
簡単に3Dプリンターがあれば高速にある程度強度もある住宅が建築できてしまうという、革命的な建築技術のことで、将来的には世界の様々な地域での利用が考えられています。

実際設計や建築にかかる費用や道具は本当に大変な時間とお金、労力のかかるものです。
それを3Dプリンターが一瞬にして解決してしまうという現実が、現在大いに注目され、中国ではすでにいくつかの事例があり、日本でもテレビでも紹介されているほどです。
今後3Dプリンターの革命的である様々な事例が期待されます。
3Dプリントハウス


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top