3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

人気ゲーム『マインクラフト』を活用したプログラミング学習

人気ゲーム『マインクラフト』を活用したプログラミング学習

株式会社カブク(本社:東京都新宿区、代表取締役:稲田 雅彦、以下カブク)は、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:平野 拓也)と協業し、Minecraft(マインクラフト)の3Dプリント支援を行い、学校教育におけるプログラミング学習推進事業「総務省 ICTドリームスクール実践モデル プログラミング教育とデジタルものづくり教育の実践」を共同実施しました。

3Dアバター・プリント・ソリューション

様々なブロックを設置したり破壊したりしながら街作りができる大人気ゲーム『マインクラフト(通称マイクラ)』。

「総務省 ICTドリームスクール実践モデル プログラミング教育とデジタルものづくり教育の実践」は、そのマインクラフトを活用したプログラミング学習の実証事業です。この実証事業は、「プログラミングを活用した家づくり」をテーマに、渋谷区立猿楽小学校にて 10時限 (45分 x 10回) で行われました。

マインクラフトと3Dプリント技術を用いることで子どもの強い関心を引き出し、プログラミングやデジタルものづくりの理解と、それら技術の活用による問題解決の学習を目的に実施されました。

今回の共同実施事業でカブクは、3Dコンテンツをゲーム上から直接3Dプリントするサービス「Rinkak 3D アバタープリント・ソリューション」を提供、Minecraft内で子どもたちにより作られた学習成果物のフルカラー3Dプリントを実施しました。また、用いられた3Dプリント技術や3Dの概念を学ぶ、デジタルものづくり講義も開催しました。

Rinkak 3D アバタープリント・ソリューションを使った例としては、第一弾として株式会社スクウェア・エニックスの「星のドラゴンクエスト」への提供があります。

[公式サイトはこちら]

Rinkak 3D アバタープリント・ソリューション:https://www.rinkak-services.com/ja/business/avatar/

株式会社カブク:http://www.kabuku.co.jp

マインクラフト⇒3Dプリントデータ


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top