3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

人類の遺伝子を持った3D印刷人間を宇宙へ送る?

人類の遺伝子を持った3D印刷人間を宇宙へ送る?

人類の遺伝子を持った3Dプリント人間を宇宙へ送る?

人類の遺伝子コードのバクテリアをもつ3Dプリント人間が、宇宙へ行くことはできるのでしょうか?

コンセプトは人間の遺伝情報をコード化することに始まります。
人類のDNAを3Dプリント人間に使用して他の惑星に配置するのです。
人類の長期的生存競争は、惑星の植民地化といわれています。

「宇宙探査の最善策は、別の惑星に、有機的な人間を印刷することができるか?ということです」
米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所エンジニアであるアダムシュテルツナーは語っています。
「宇宙服を身にまとった宇宙飛行士が第二の世界を植民地化するのではなく、バクテリアです。この思想は幻想的で美しいようです」

地球上ではすでに人間を形成する部分及び器官をプリントアウトできましたが、バイオテクノロジーの遺伝学者は、
地球上にエイリアンの生命を印刷することができるといいます。
米国の生物学者クレイグ·ベンターは、宇宙におけるファックスのように光の速度で新しい場所にデジタルDNAファイルを転送し、
そこにオリジナルの生命体を再作成することができるという「デジタル生物学コンバータ」デバイスを開発しています。

シュテルツナーはこの有機的印刷人間の構想は、他の惑星に人々が宇宙を旅していくことよりも現実的であると考えています。
「これは完全に投機的であり、人間が光の速度よりも速く移動することや、エネルギーの無限の量を必要とすることではないのです。」 とシュテルツナーは言いました。

単純に、人類のバクテリアが宇宙で存在することになるかも知れないが、誰か今いる人類が、地球の未来を背負って他の惑星に生存できるという話ではないようです。

人類の遺伝子と3Dプリント


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top