3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

今年のクリスマスは、3Dプリンターで創作してプレゼントをしよう。

今年のクリスマスは、3Dプリンターで創作してプレゼントをしよう。

teddy bear

 

みなさんは、もうすでにThingiverseなどの3Dプリントカスタムオーダーサービスをご存知のことでしょう。
日本国内でも、ペットのフィギュアを3Dプリントしたり、企業向けの専門的な3Dプリントなどが、
あらゆる素材を使って印刷できる様々な3Dプリントサイトがあり、大変好評です。

年々国内でも浸透してきている3Dプリンターの利用法。
医学や工業、企業や個人まであらゆる価格でラインアップがあり、オンラインでも購入できる3Dプリンターですが、オンラインカスタムオーダーで、
3Dデータから、作品までを速やかに作ってもらうというサービスも多くあります。

今年のクリスマスは、3Dプリンターでつくったアクセサリーや、子供のぬいぐるみなど、
世界に一つだけのアイディア溢れるプレゼントを記念におくってみませんか?
Thingiverse site

 
Thingiverseが行っている、DIYの技術、メーカーによる地域社会RepRapプロジェクトなど、多くの技術的なプロジェクトは、
共有技術革新や公共の原料普及のためのリポジトリとしてThingiverseがあります。
Thingiverseは、2008年11月にコンパニオンサイトとしてザック・スミスによってMakerBot Industries社 、DIY3Dプリンターキット会社により設立されました。
3Dprint fashion

 
ロボットやラジコン、フィギュアにおもちゃ、人形にアクセサリー、あらゆるものが印刷できる3Dプリンターで、
何か自分だけのものをつくりたいと思っている人は多いはず。
Thingiverseなら、自分でデザインしたりしなくても、作品例のなかから好きなものを選んでオーダーしたりできます。
3Dプリントオーダー
3DプリントオーダーのサイトはThingiverseだけではありません。
イタリアの靴屋からアメリカのアクセサリー、アディダスなどの有名スポーツブランドでも3Dプリンターを利用したスパイクのシューズをすでに販売しています。

特に今年になってから、急速に発展した3Dショッピングのサイトストリート。
誰よりも早く参加して、みんなに自慢できる3Dプリンターによる最新のシューズやファッション、
おもちゃを家族や恋人に送って未来的でクリエイティブ、オリジナルなプレゼントを自慢してみたいものです。

また、3Dプリンターでは障害者のための義手や義足のようなものも広くプリントされるようになり、
欧米では地域の学術都市の大学などで広く地域の障害者のために3Dプリンターを利用して、大変世界的に感動を呼んでいます。
このクリスマスに3Dプリンターはいかがですか?

 

Thingiverseで様々な3Dプリントモデルがご覧になれます。
https://www.thingiverse.com/


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top