3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

今度は3D印刷された人工肩を移植する手術です

今度は3D印刷された人工肩を移植する手術です

3Dプリントされた人工肩

3Dプリントの医学での利用については、限界がないといえます。

チタンの手足や、人工骨、内臓、細胞にいたるまで、その素材や3Dプリントの技術は医学界にも新たな革命をおこしています。
人工的な生体のパーツだけでなく、手術のシミュレーションにも多く3Dプリントモデルなどが利用されています。

今度オランダのライダードルプにあるRijnland病院の患者が行う手術では、
肩甲上腕関節を、3Dプリンターを使用して作られた補綴インプラントに置き換える、初めての手術を行います。

3D映像で人工関節の最適な位置を決定し、カスタマイズされた補綴インプラントは米国で印刷されました。

これまでは肉眼でその配置位置を決定していましたが、現在3Dプリントのインプラントは患者の解剖学的構造において接続できます。
最適であるインプラントの配置によって、その3Dプリンターを使用して作られたインプラントの磨耗を防ぐことができます。

肩プロテーゼの分野はここ数年で急速な発展を遂げました。
膝プロテーゼですでに成功している Rijnland病院は肩プロテーゼの交換においてもオランダで先駆者といえます。

3D印刷された人工肩


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top