3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

今度はnew balanceから3Dプリントスパイクシューズの登場

今度はnew balanceから3Dプリントスパイクシューズの登場

newbalanceのスパイク

 

ランナーは常に、誰よりも早く正確に走ることを夢みています。
現代のスポーツウエアはより軽量化し、風の抵抗や汗のドライ状態などを考慮し設計され、デザインされたものになっています。
そしてスポーツシューズにおいても3Dプリンターを用いたスパイクのデザインと設計が大手ブランドで本格的に始動し、オンラインでも販売されています。

より良いパフォーマンスをスポーツシーンで実現するため、3Dプリンターがスパイクシューズのスパイクの3Dプリントに利用されてきています。
昨年は大胆なadidasのスパイクシューズが、そして今回はnewbalanceからの登場です。
ニューバランスは1908年に設立され、この度、EOSによって開発されたプラスチック製のレーザー焼結3Dプリンタを使用してクールなシューズソールをプリントアウトすることになりました。

 

newbalanceスパイクシューズ

 

ニューバランスは、プラスチック製の粉末からのすべてのランナーのためのカスタムスパイクプレートを、EOSINT P 395 3Dプリンタを利用し、
スポーツアスリートの生体力学に合わせてプリント、ラン​​ナーのデータを記録し、スパイクソールの複数をプリントします。
どのように足が靴と相互作用をもつのか、個別の圧力情報を表示します。
足の特定の部分において高い圧力値を示す場合、関連する3次元ベクトルが靴の領域に重要であることを示しています。
newbalanceマネージャーのマーフィーは説明します。「つま先領域にある高圧を見ると、前進する足がヒールに向けて推進している力に相当する。
このデータを処理し、スパイクプレート牽引要素の位置を配布する姿勢を算出し、要素のサイズを調整し、設計に固有のランナーの好みを組み込むパラメトリックモデリングソフトウェアを使用します。」
すべてのデータはCADファイル内に供給され、STLフォーマットに変換され、3Dプリントされます。


従来のスパイクプレートは、様々なサイズのいくつかの射出成形金型と人材が必要です。
EOSソリューションでは、レーザー焼結バッチは4ユニークなプレート対の周りに生成し、製造に5,6時間かかります。
3Dプリントで完成したスパイクソールは、プラスチック粉末により、従来の製造方法より5%の軽量化と、材質による柔軟性と強度を秘めています。
この軽くて丈夫、大胆で未来的デザインのスパイクシューズを身につけて、スポーツシーンがより新鮮でポジティブになります。

 

ニューバランス3Dプリントシューズ


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top