3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

動脈瘤の手術で、3Dプリンターによるカスタムエンドグラフトを作成し、利用する。

動脈瘤の手術で、3Dプリンターによるカスタムエンドグラフトを作成し、利用する。

Aortica社

ワシントン州のカークランドに拠点を置くAortica社の、株式非公開のスタートアップは、動脈瘤の一般的にはまだ致命的といえるその形状に苦しむ患者さんに、
3Dプリント技術で新たな希望を与えました。

同社による資金調達は700万ドルをこえました。今後の研究により、毎年数千人の命を救うことができることが期待されます。

3Dプリント技術の医学での応用において、その最大のメリットは、コストの削減と、患者個人の病状や、骨、内臓などの形状などによって、
3Dプリントの段階でカスタマイズできるという事です。そして、従来移植などに頼っていた、少し宗教的論議を呼ぶ移植手術とは異なり、
はじめから3Dプリンターで適切な形状、サイズのものをカスタム印刷できるという利点です。

腹部大動脈瘤(AAA)病は、毎年アメリカ人だけでも18万人に影響を与え、大動脈の大きな膨らみの形成によって特徴付けられる病気です。
動脈瘤はかなりの血液損失および死をもたらし得る病気です。
破裂動脈瘤の死亡率は85%で、1990年代からの、EVAR(Edovascular大動脈修理)として知られている従来の技術は、
動脈瘤を制御するための現状では定番です。

手順は、エンドグラフトが送達され、配置され、大動脈にカテーテルを挿入します。
しかし、AAAと診断された患者の約30〜40%が従来の方法では手術できず、より危険な手術となり、解剖学的異常をもたらします。

Aorticaは独自のソフトウェアと3Dプリント技術を用いてエンドグラフトを各患者の固有の生体構造に合わせてカスタマイズする手術法を開発しました。
患者と医師の利益をもたらし、技術は、エンドリーク、グラフト移動の両方を最小化し、移植の安全性を向上させることができ、主要分枝動脈の保護ができます。
これらの革新的なソリューションは、近い将来必ず現実化し、あらゆる手術において広く利用されることが予想されます。

3Dプリント動脈瘤エンドグラフト


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top