3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

医学的分野の人工細胞、臓器の3Dプリント技術の急速な進化と発展

医学的分野の人工細胞、臓器の3Dプリント技術の急速な進化と発展

医学的分野の人工細胞、臓器の3Dプリント技術の急速な進化と発展

イギリスの定番テレビ報道放送局、BBCは番組で、ロンドン大学教授アレックスSelfalianの研究室に訪問し、
エキサイティングな3Dプリントで作成された人工の耳について紹介しました。

研究室では、ナノポリマーから3Dプリントで耳レプリカを造形します。
印刷物は滅菌され、それは人間の細胞組織の足場として機能し、患者の前腕の皮膚の下に移植されます。
皮膚や血管は、4〜8週間かけて印刷物を中心に成長していきます。次の画像をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=VHwZVomlF08&feature=player_embedded#t=0

UCLの科学者はすでにラットの成長手順をテストしました、今後数ヶ月で、ムンバイ、インドにおいて、児童を中心に初の臨床試験を行っていく方向です。
日本のIPS細胞についても、最近インド首相が日本訪問の際、インドの児童にそのIPS細胞の臨床実験を行うよう約束していきましたが、
日本では、特に児童だけに臨床実験をIPS細胞について行っている訳ではありません。
IPS細胞のノーベル賞受賞のたった何年かの後に3Dプリンターが特許などがきれ、急速に技術的にも進化し、人工細胞や皮膚について本格的な技術を見せています。

整形助軟骨を必要とするこの3Dプリントによるインプラントでは、この先天性奇形にあたる現在の手術方法を変えていく可能性もあります。

BBCのテレビ報道番組、マイケルMolitch-HouABOUT AUTHOR で、この番組を公開しています。
マイケルは研究所専用のサービス機関™リアリティの創始者で、彼はCalArtsでMFAクリティカルスタディ&ライティングプログラムを卒業し、
世界の平和を支持している人物です。

臓器の3Dプリント技術


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top