3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

医療技術に3Dプリンターを大いにつかおう

医療技術に3Dプリンターを大いにつかおう

中国西部病院の医師、チョンチー博士と中国西部病院の整形外科部門のチームは、十代の患者の下肢の膝の手術で3Dプリント金属補綴物を使用し、成功しました。
世界初の3Dプリント小柱金属脛骨補綴の再建です。

 

3Dプリント足の骨
2011年の春に綿陽市から、李という名前の15歳の少年が、残念ながら骨肉腫骨肉腫と診断され、彼の足に手術を受けました。
手術部分は脛骨で、それを除去して、従来の補綴物と交換しました。彼は術後、慢性移植片拒絶に悩まされ、状態は大変困難なものになってしまいました。

李の病気の手足を助けるための別の方法として、チョンチー博士は模索しました。
そして、李の膝の機能を維持するために、3Dプリンターによる小柱金属脛骨人工膝関節プログラムを考案しました。

チョンチー博士とチームは成功し、2週間前に小柱金属脛骨人工関節の再構築を行い、現在はプロテーゼが長期的に彼の体を癒すことができ、
結果として患者は膝を元のように使うことができるようになるのです。
李さんの手術は2.5時間程度かかりましたが、現在の彼の膝の屈曲および伸展も手術後とても経過がよいです。
顔面インプラント例
脛骨骨梁面積のために作られた補綴は、基本的に体の体重のほとんどをサポートし、脛骨は、骨の耐荷重を考慮に入れる必要があったということです。
言い換えれば、プロテーゼは、体内で発揮するストレスの多くをサポートするように設計されなければなりませんでした。
これは家を構築するようなものだとチョンシー博士は説明しています。

3Dスキャナーにより、手足をスキャンし、CTスキャンからのデータをコンパイルし、被災骨のモデルを作成し、手術シミュレーションを経て、
医師は李の身体条件に合うように作られた金属脛骨骨梁の補綴物を設計することができました。今プロテーゼは、通常の関節と骨が同じようなストレスに耐えることができます。

任意の形状やデザインを作成するため、3Dプリント技術の能力のため、医師は患者自身の骨が人工器官に成長することを可能にします。
補綴インプラントのための微多孔構造を設計し、体に構造を統一した上で、支援する利点として生物学的に足を癒します。
チタン素材の3Dインプラント
チョンチー博士は、手術の成功に興奮して、今後の3Dプリンター技術によって下肢インプラントの飛躍的に向上した未来を夢見ています。
日本でも特にペットの骨折などに3Dプリンターによる人工骨などの移植がおこなわれ、
中国ではすでに頭蓋骨、イスラエルでは病院に顎のインプラントもカスタムオーダーできる機能のある病院があります。

今後の3Dプリントのカスタム的利用による、主に人工骨や歯、顎などでの3Dプリントの利用には、近い将来、おおきな期待がかかっています。

 

 


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top