3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

医療3Dプリントの素材、チタン・セラミックに注目

医療3Dプリントの素材、チタン・セラミックに注目

フランスの3D印刷会社Z3DLabは、SLM(選択的レーザー溶融)と、新しい金属3Dプリント材料チタンとセラミックジルコニアの強さを兼ね備えた初の金属複合材料を開発しました。特に医療、歯科、自動車や航空宇宙産業では広く、工業生産に使用される生体適合性材料です。
チタンセラミック
ZTI-パウダーという名前は、金属3Dプリントのための初のチタンセラミック複合材料であり、現在選択レーザー溶融のための世界の最も硬い材料として推進されています。正式に2015年9月に特許を取得しましたが、最近もZ3DLabは、マーストリヒトMECCで行われた3D医療博覧会でZTI-パウダーを発表しました。そこでは材料の組成、性質、ならびに医療および航空宇宙アプリケーション向けに開発された複合粉末の二つの異なるバリエーションが議論されました。

高需要の部品の製造になるとされている、これら材料は、単に製造プロセスよりも重要ではなく、各複合体が独自の機械的、耐熱性、導電性、化学抵抗および磨耗抵抗の資質を持っています。
チタンインプラント
三次元印刷歯科用または骨のインプラントのような医療用添加剤の製造アプリケーションになると、チタンが最も一般的に使用される材料の一つです。これは比較的厳しい生体適合性であり、体液に抵抗し、自然骨と同様の弾性を有します。その低耐摩耗性、およびアレルギーを引き起こす可能性の低さなど、チタンは期待の素材です。

「チタン合金は、低硬度値および乏しい耐摩耗性とバルブとピン接続での酸化に対する乏しい耐性であることが発見されました。このような歯科用または骨のインプラントなどの酸素枯渇環境にある場合、それはアレルギーの潜在的な源で、体液中のアルミニウム及びバナジウムイオンを放出することになる」とZ3DLabは言いました。
チタンインプラント
ジルコニア、セラミック材料は、また、高度医療、航空宇宙3Dプリントの中で求められています。また、チタンも硬く、摩耗および摩耗耐性が高く、かつ1000℃を超える温度に耐える、生体適合性で、天然の骨と同様の弾性を有します。

医療用3次元印刷用途の観点から、ZTI粉末の主な利点は、それがvirutally骨又は歯科インプラント、人工器官、プレート、ステープル、ネジで使用されるときにアレルギーを誘発する危険性を排除することが目標です。Z3DLabはSLM 3Dプリンタでテストを行っているが、ほぼすべての粉末床とレーザーベースの金属の3Dプリンタはできるとしています。

医療、航空宇宙用途に加えてZTI粉末は、自動車製造など、さらには科学やエネルギー研究の新たなフロンティアを模索産業機会の多様性を有している、とZ3DLabは考えています。


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top