3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

大阪府立佐野工科高等学校が3Dプリンター課程の導入を決定

大阪府立佐野工科高等学校が3Dプリンター課程の導入を決定

大阪府立佐野工科高等学校

大阪府立佐野工科高等学校において、来年度から3Dプリンターの課程が導入されることが発表されました。

3Dプリンターを十数台を設置する予定で、立体造形物を作り出す専攻過程を新しく準備し、「産業創造系(仮称)」として、定員は80名を募集する予定です。

大阪府教育委員会では再来年度以降も別の高校で3Dプリンターの設置を検討する方針です。

日本では、ものづくりの一環として、昨年から資本を投資し、学術・教育現場での導入に全力を投じています。
海外では大学でその地域の子供の義手を作成して安価で提供するなどの事例があり、3Dプリンターの地域での広い利用が進んでいます。

また大学対抗のエコカーレースに、3Dプリンターで学生たちが作成したエコカーで競うなど、とても身近で興味深い利用が盛んになっています。
こうした背景から、今回大阪にて3Dプリンターを専門に学べる課程ができたことから、
この技術を深く理解して活用していける人材の育成に大きく影響を与えていくことでしょう。

大阪府立佐野工科高等学校では一年時に工業の基礎を学び、二年時から電気系、機械系、テキスタイル系、
そして来年度から産業創造系と仮に呼ばれる系列課程が設けられます。
時代の流れに適応して、教育の現場も柔軟にその形を変えていくようです。

3Dプリンター課程の導入


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top