3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

学生の3Dプリンターによるエコカーがエコマラソンに参加

学生の3Dプリンターによるエコカーがエコマラソンに参加

3Dプリンターによるエコカー

Zuyd大学の応用科学の学生が、3Dプリントしたエコ車で2014シェルエコマラソンに参加しています。

シェルエコマラソンは超燃費車の開発・構築・テストに学生チームが挑戦することを目的に毎年行われ、26カ国から229の学生チームが超燃費車で参加します。
Zuyd大学は5回目の参加ですが、3Dプリント技術の使用は初となり、デスクトップ3Dプリンターではダッシュボード、ハンドル、ミラーやハンドルなどの自動車部品を、
自動車の車体用炭素繊維部品作成のための金型220も印刷しました。

生徒は各デザインをプログラムし、PLAを使用してレイヤーのパーツを構築します。
Ultimakerは10 Ultimakerオリジナルの3DプリンターでZuyd大学チームをサポートし迅速で効率的な印刷を可能としています。
「主な目標は、可能な限り環境によい、エネルギー消費が最小限な車を作ることです。」Zuyd大学ベータ科学技術学部の教授ロブ•ファン• Loevezijnは述べています。
「3Dプリントは経済的なユニークな車の部品を作る方法だとききました。」23歳の工学の学生ケニーStingesは述べ、これまでの高価な木材に比べこれが節約になることを期待しています。
「我々は非常に新しい技術で仕事ができることに興奮し、最もエネルギー効率の良い自動車を生産する経済的な方法を研究して数ヶ月費やしてきた。それが今、群を抜いてきているのがおどろきだ。」
日本でも教育に3Dプリンターがこれからどんどん導入され、このような学生のチャレンジが見られるようになることでしょう。

3Dプリンターによるエコカー


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top