3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

3Dプリンター・3Dプリントの最新情報サイト

実際に運転できる車のオープンソース3Dプリントを可能にする未来

実際に運転できる車のオープンソース3Dプリントを可能にする未来

OS Vehicle

3Dプリンター製品の、開発モデルなどのオープンソースは、ライセンスまたは制限のない製品設計や設計図を経由してユニバーサルアクセスを可能にしています。

車両が3Dプリンターで簡単に印刷できるようになり、その権利が持てるなら、格安で迅速な車の購入ができるようになります。
もうすでに大型の3Dプリンターが輸入なら3万円で購入できる時代です。
自転車なども印刷できる金属などのフィラメントの多様性にも、その発展は目をみはるものがあります。

オープンソースソフトウェア、オープンソースハードウェア、オープンソースのビデオゲームやオープンソースのマーケットなどは
広く昨年ごろより3Dプリンターの分野でも発展してきています。

自動車業界とオープンソース製品開発との距離を埋めるべく、父親が自動車産業にいた、中国人のスズさんは、
OSVehicleのコンセプトを開発するエンジニアやデザイナーのチームをこの8年で構成してきました。
低価格を目指すOSVehicleはオプションを支持して車両の所有権も考慮しています。

オープンソースプラットフォーム、”虎猫”の最初のコンポーネントは、基地建設のオフ車両の型を作成するため、設計者、エンジニア、愛好家などにオープンソース、
モジュール式のユニバーサルシャーシの設計を目指しています。
誰もが3Dプリンタや道路対応シャーシを組み立てるノウハウへのアクセス権を持っていることを理解した上で、OSVehicleはDIYルートを取り、
自己制作を可能にしたオープンソースソリューションです。

ウェブサイトで、3Dファイルをダウンロードし、キットを購入します。
あなただけのカスタム3D車のモデルを探求し、独自の3Dプリントされた車を作成することができます。

3Dプリントのオープンソース


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top